[ミラーレス]と[ミラーレス一眼]ファインダーは使わない?


 
「ファインダーって、古いカメラに付いているのぞき窓?」
 
「お父さんのカメラには付いているけど…」
 
「えっ? ファインダーってなに??」
 
最近はこんな反応が返ってくることが増えました。(笑)
[ミラーレス][ミラーレス一眼]だと言う以前の話ですね。
 
 
写真を撮ると言ったら、携帯かスマホで撮るのが当たり前。
ちょっと写真が好きな彼や彼女が持っているコンパクトカメラ
(コンデジ)にもほとんど【ファンダー】は付いていません。
 
写真を撮る時は、スマホやカメラの液晶画面を見ながら
撮るのが当たり前になりました。
 
 
[デジタル一眼レフ]は構造上【ファインダー】が必須でした。
最近では[ライブビュー]と言って、デジタル一眼レフでも
【ファインダー】でなく背面の液晶画面を見ながらの
撮影スタイルも普通になりました。
 
一言で[ミラーレス]と呼ばれるカメラにも、
厳密には[ミラーレス][ミラーレス一眼]があります。
 
この“一眼”があるか無いかの違いは簡単に言うと
【ファインダー】の[ある][なし]と言っていいでしょう。
 
[ミラーレス]カメラは、スマホのように
【背面液晶画面】を見ながら撮影します。
 
 
[ミラーレス一眼]カメラは
【ファインダー】と【背面液晶画面】の両方を使い分けできます。
 
[ミラーレス]カメラと同じように【背面液晶画面】を見て
撮ることも、[デジタル一眼レフ]のように、
【ファインダー】を覗いて撮ることもできるわけです。
 
 
 
【ファインダー】を使って撮るメリットは主に下記です。
 

  • 構図など撮影対象に集中できる
  • 額をカメラに付けるためブレの防止になる
  • 明るい日差しの中でも見やすい
  •  
     
     
    特に私のように
    [ライブステージ]や[コンサート]の撮影を主に行う場合は、
    【ファインダー】は必須
    です。
     
    ライブハウスやホールの暗い客席の中で、
    観客の目障りになる液晶画面の光を点けているなんて
    あり得ませんからね。
     
    たまに無神経にも液晶画面を点けっぱなしのカメラマンに
    遭遇しますが、プロの現場ではそんなカメラマンは
    次の現場では声が掛からないので2度と会いません。(笑)
     
     
     
    普段気軽に持って歩いてスナップ撮影したり、
    日常風景の撮影では【ファインダー】の必要性を
    感じないかもしれません。
     
    まして【ファインダー】を使って
    “自撮り”はできませんからね~(笑)
     
     
    でも写真撮影に少し真剣に取り組むのであれば、
    ぜひ【ファインダー】を使って撮影してみてください。
     
    コンデジの[背面液晶画面]を見ての撮影や、
    スマホでしか写真を撮ったことがないのであれば、
    真剣に【ファインダー】から被写体を見ると、
    きっと新たな、新鮮な感覚や発見があると思います。
     
     
     
    「化粧が崩れる!?」
     
    「付けまつ毛がとれる!?」
     
     
     
    「う~ん・・・困りましたね~」
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
     
    芦澤来斗


    「デジタル一眼レフ」の終焉?!

    20061014121543
     
     
    カメラのトレンドがデジタル一眼レフからミラーレス一眼へと
    向かっていることは何度か書いてきました。
     
     
    これはフィルムからデジタルに移り変わった時点で、
    いつかは置き換わるであろうことは予想されていたことだし、
    あとは、いつ?何に?という点が関心事でした。
     
     
    「一眼レフ」という仕組みは、
    「フィルム」を前提とした撮影の機構としては
    ある意味完成の域に達していたと言えます。
     
     
    デジタル一眼レフは、
    その「フィルム」を「撮像素子(センサー)」に置き換えたもので、
    基本的な機構はそのまま継承してきた訳です。
     
     
    しかし「フィルム」が「撮像素子」に置き換わった段階で、
    「一眼レフ」機構のキモであるミラーとペンタプリズムは
    本質的には不要となりました。
     
     
    「フィルム」を前提としたカメラでは、
    「一眼レフ」に限らず
    「二眼レフ」も「レンジファインダー」も全て、
    ファインダーとフィルムへは受けた光を直接届けて
    見たり感光する仕組みです。
     
     
    「フィルム」が「撮像素子」に入れ替わった時点で、
    受けた光は一旦電気信号に変換されます。
     
    そのためファインダーも基本的には
    電子ファインダー(EVF=Electric Viewfinder)となり、
    小さな液晶画面に写った映像を見るようになりました。
     
     
    ですから従来の光学ファインダー(OVF=Optical Viewfinder)の
    ために必要であったミラーもペンタプリズムも
    不要となったのです。
     
     
     
    しかし現状では過渡期の段階ですので、
    まだ一眼レフの機構は生き残っています。
     
     
    その主な理由は以下の通りです。
     
     1.見た目の自然さでEVFはまだOVFに負けている
     
      窓ガラス越しの景色と
      テレビの風景画像の差と言えるでしょう。
     
     
     2.動体に対する追従速度もまだ課題
     
      液晶の課題と電気信号処理速度により
      早い動きの表示には遅れが生じる
     
     
     2.ブラックアウトが解消していない
     
      ミラーが無くなり原理的には露光の瞬間の
      ブラックアウトは生じないはずが、
      現状では電気的な処理速度の限界で、
      一眼レフと同様にブラックアウトが生じる。
     
     
    その他にもありますが、
    大きな要因としては上記があげられます。
     
     
    これらも日進月歩の技術開発により急速に改善され、
    現状でもほぼ問題ないところまで来つつあります。
     
    実用上は全く問題がなくなる日も近いでしょう。
     
     
    EVFのメリットに関しては以前にも話しました。
     
    OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
     
    ですから「フィルム」が「撮像素子」に
    置き換わった段階でこの流れは決まっているのです。
     
    あとはデジタル技術の進歩と共にどこまで加速し、
    どこまで行くか・・・という問題ですね。
     
     
    もちろん、
    現状の「ミラーレス一眼」が最終形ではないと思います。
     
     
    革新的なブレークスルが起きて、
    予想もしないようなカメラが登場することも考えられます。
     
    すでに「Lytro」のようなカメラも出現してきていますしね。
     
     
    ただし当面は「デジタル一眼レフ」から
    「ミラーレス一眼」へと移り変わる流れが続くのは確実です。
     
     
    現時点でも、私の回りのフリーのカメラマンは
    徐々に仕事カメラを「ミラーレス一眼」に移行しつつあります。
     
    投資費用の償却・費用対効果を考えた場合
    そうならざるを得ないのが現状です。
     
    画質的には通常の仕事では「ミラーレス一眼」で充分です。
     
    現有の一眼レフ用のレンズ資産をどうするかという
    頭の痛い課題はありますけど・・・(笑)
     
     
    あとはNIKONとCANONがどの段階で軸足を移すかに
    掛かっていると言ってもいいかもしれません。
     
     
    業界で「社カメ」と言われる会社から貸与されるカメラは、
    まだ「デジタル一眼レフ」が主流です。
     
    ですので報道や出版系の社員カメラマンは
    それを利用しています。
     
    メーカーのサポートもそれを前提にしています。
    ある意味「デジタル一眼レフ」の延命を
    図っているとも言えます。
     
     
    本音ではフットワークのいい「ミラーレス一眼」がいいと
    思っている社員カメラマンも多いと思いますよ。
    腰痛や肩こりが減りますからね・・・(笑)。
     
     
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
    デジタル一眼レフかミラーレス一眼か・・・それが問題だ!?
     
    いよいよ「デジタル一眼レフ VS ミラーレス一眼」が本格化!?
     
    「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    ニコン(NIKON)がプレミアムコンパクトカメラDLシリーズの発売を中止!!

    DSCF1766_w
     
    ニコン(NIKON)派が待ち望んでいたカメラ「DL」3機種が、
    とうとう発売されないことがアナウンスされましたね。
     
    プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ
     
    何度か発売延期されてきましたが、
    発売中止とは!
     
    楽しみにしていたニコンファンの方も
    多かったのではないでしょうか。
     
     
    さらにこんなニュースも聞こえてきました。
     
    「ニコン、最終赤字90億円に拡大 17年3月期」
     
    かなり厳しい状況のようですね。
     
     
    私は個人的にはたまたまNIKONのカメラに
    あまり縁がなかったのですが
    (全くなかったわけではありませんが)、
    IT企業に勤務していた時代は、
    実はとてもお世話になっていました。
     
    スーツを着て!!、丸の内の本社や大井町の工場に
    度々行っていました。
    「F4」を作っていた水戸の工場にも行きました。
     
     
    ですので、ニコンという会社の売上の半分以上は、
    半導体製造機械(ステッパー等)であることは知ってました。
     
    日本の半導体製造業界が厳しい状況であることは、
    何年も言われ続けてきているので、
    ニコンが厳しい状態とは聞いていたのですが・・・。
     
     
     
    プレミアムとかハイエンドと呼ばれる、
    いわゆる高級コンパクトデジタルカメラのジャンルににおいて、
    ニコンには該当機種がないため、
    ニコンファンが発売を待っていた?DLシリーズでしたが、
    日の目を見ずに終焉が決まってしまいました。
     
     
    そもそもスマートフォンに食われて、
    目に見えて縮小しているコンデジ業界ですが、
    それでも各社(まだ体力のある企業)が、
    高級路線で頑張っている中で、
    ニコンはそこに参入することを断念するのでしょうか。
     
    寂しいですね。
     
     
    キャノン(CANON)は、ためらいながら?も、
    ようやくミラーレスカメラに力が入りつつありますが、
    ニコンはその分野でも今一つ冴えないように感じます。
     
     
    デジタル一眼レフがハッキリとミラーレス一眼に
    置き換わってゆこうとしているトレンドの中で、
    ニコンの今後の動きが気になりますね。
     
    プロの要求に応えられる本格的なミラーレス一眼と
    レンズを含むシステムを
    勇気をもってリリースして欲しいものです。
     
    たとえ
    デジタル一眼レフの売上を食うことになったとしても・・・。
     
     
    各社ともに限られた経営資源をどこに集中して投下するのか、
    本当に難しい状況であろうと思います。
     
     
    それを承知の上で、
    我々の期待に応える(超える)カメラを期待したいですね。
     
     
    大きなブレークスルが起こり、
    デジタル一眼レフでもミラーレス一眼でもない
    カメラが出現するかもしれませんね。
     
    それに私自身がついていけるのか、
    少しばかり心配ですが・・・。
     
     
    デジタル一眼レフかミラーレス一眼か・・・それが問題だ!?
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    いよいよ「デジタル一眼レフ VS ミラーレス一眼」が本格化!?

    dscf1878_w

     
     
    最近、ミラーレス一眼の新機種発表が続いています。
     
    特にC社がやっと本気?のミラーレス機を発表したことで、
    ますます今後の動きから目が離せなくなってきました。
    (と言ってもまだまだC社は出し惜しみ感はありますけど・・・(笑))
     
     
    今までも何度か「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」に
    関しては書いてきました。
     
    「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」
     
    「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
    OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
     
     
    一眼レフの老舗メーカーが、自社のジレンマを
    どう克服するのか・・・
     
    その間に、障害となるレンズ資産のないメーカーが
    どこまで頑張るのか・・・
     
     
    まだまだ目が離せないし、楽しみでもあります。
     
     
     
    読んだ方も多いかもしれませんが、
    Amazonにこんな記事があります。
     
    FUJIFILM 上野隆さんに聞く、「FUJIFILMがフルサイズ一眼を作らない理由」
     
     
    メーカー事情がよく分かりますね。
     
    富士フイルムが「APS-C」の次は「フルサイズ」ではなく、
    「ミディアムフォーマット」に取り組むのが、
    ある意味象徴的と言えると思います。
     
    以前にも書きましたが、
     
    「EVF」より「OVF」の自然な見え方
     
    まだ若干一眼レフ系が優位なAF速度
     
    信頼性・耐久性(イメージの部分も大きいですが)
     
     
    などなど、
    まだ「デジタル一眼レフ」が生き延びるポイントは
    ありますが、技術の進歩は日進月歩ですから、
    その差は急速に埋まりつつあります。
     
    そして「ミラーレス一眼」の優位性が認知されてくるにつれて、
    その勢力図は急激に変わりつつあります。
     
     
    一番大きな壁は「イメージ」「憧れ」かもしれません。
     
     
    いつかは「クラウン」ではありませんが、
    写真を趣味とする方々の
    「デジタル一眼レフのフラッグシップ機」への憧れは
    強いものがありますからね。
     
    また報道系のように、
    メーカーがフルサポートしている業界では、
    老舗メーカーほど、現有資産(レンズ群)を
    守らなければならないので、
    「デジタル一眼レフ」に力を入れるでしょうし、
    結果として、露出度がまだ維持されているので、
    カメラに興味のある人はそれを見て、
     
    「プロはデジタル一眼レフのフラッグシップ機」を使っている!」
     
    というイメージが出来上がる訳ですね。
     
     
     
    実際にはフリーカメラマンの間では、
    徐々に「ミラーレス一眼」が広がっています。
     
    全面的に乗り換えるケースはまだ少ないかもしれませんが、
    TPOに合わせて「ミラーレス一眼」を使うケースは
    確実に増えていますしこの流れは勢いを増しています。
     
     
    「重厚長大」
     
    「いつかはクラウン」
     
    「大きいことはいいことだ!」
     
    これらの言葉が死後になったように、
     
    「デカイ」「重い」「高い」
     
    カメラ・レンズが
    「良い写真を撮るためには必要」
    (ここで言う良い写真とは画質の事。
     写真として価値があるかは別の話です)
    という構図は成り立たなくなりました。
     
     
    その意味では、
    選ぶ私達からすれば、目的によっての選択肢が増えて、
    嬉しい状況になってきましたね。
     
     
    写真にあまり詳しくないクライアントに
    ハッタリを効かせる必要がある場合は、
    デジタル一眼レフのフラッグシップ機が
    良いでしょうけどね・・・(笑)
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    ミラーレス一眼のEVF(電子ファインダー)でライブ撮影を行う際の課題は?

    dscf1715_w

     
     
    これまでに何度か「OVF(光学ファインダー)」と
    「EVF(電子ファインダー)」に関しては書いてきました。
     
     
    ライブ撮影ではファインダー(OVFでもEVFでも)は必須!
     
    OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
     
     
    気持ちの良さでは「OVF」
    利便性では「EVF」
     
    と言えますね。
     
     
    もちろん上記で書いたように、
    それぞれに利点・欠点があります。
     
    ただ技術は日進月歩ですから、
    「デジタル一眼レフ」から「ミラーレス一眼」の流れは
    止まらないでしょう。
     
    ゆえに、「OVF」から「EVF」の流れも止まりません。
     
    近い将来、「一眼」は「EVF」が主流になるのは確実です。
     
     
    もちろん、いまだにレンジファインダーが残っているように、
    「OVF」がなくなることはないでしょうが、
    構造上「ミラーレス一眼」=「EVF」ですから、
    画期的なブレークスルーがない限りは「EVF」が主流となります。
     
     
     
    ライブ撮影を「EVF」で行っている際の、
    現状での問題点は下記の点です。
     
     
    1.よくギラツキと言われる不自然さ

      これは明るい野外などでは殆ど気にならない
      レベルになりつつあります。
      日々高精細になってきているので、
      実用上は問題無くなりつつあります。
     
      ただ暗いライブステージなどでは、
      まだ若干見難いケースがありますが・・・。
     
     
    2.表示の遅延
     
      これも明るい場面では、よほど早い動きを狙う場合を除いては
      プロのスポーツ撮影にも使える所まで達しつつある・・・
      というレベルです。
     
      ただ、暗いシチュエーションでの早い動きは今一歩
      というところですね。
     
     
    3.発熱
     
      これは写りには関係無いと言えば言えるのですが、
      ライブコンサートの撮影などでファインダー(EVF)を
      見続けていると、ファインダー周辺が熱くなります。
      あまり熱を持つと心配になってきます(笑)
     
      ノートパソコンでキーボード周辺に熱を持つ機種を使っていると
      気になるのと同じですね。
     
     
    4.バッテリー消費
     
      「OVF」は素通しなので電源は必要としませんが、
      「EVF」は液晶ですから電力を消費します。
      長時間「EVF」を見続けているとやはりバッテリーを消費します。
      ですから予備のバッテリーは必須です。
     
     
    発熱とバッテリー消費を抑えるためにこまめに電源を切るか、「EVF」をオフにすれば多少は改善しますが、
    現場ではなかなかそうもいかないのが現状です。
     
     
     
    撮影の場所や対象によって一概には言えませんが、
    「暗い」場所で「動く」対象を捕らえるライブステージ撮影に
    おいても、まだ若干の課題とカメラマン側でフォローしてやる
    必要は残っていますが、「使える」レベルにはきました。
     
     
    2020年の東京オリンピックの頃には、
    おそらく「EVF」が現場でも主流となっていると思います。
     
     
    ミラーレス一眼でライブステージ撮影を行う皆さん、
    予備バッテリーだけは忘れずに!
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
     
    芦澤来斗


    ライブ撮影ではファインダー(OVFでもEVFでも)は必須!

    _mg_7597_w
     
     
    ライブ・ステージ・舞台を撮影する際に、
    使用するカメラにの絶対必要な機能として
    ファインダーがあります。
     
     
    最近話題の「OVF」と「EVF」については以前何度かお話ししました。
     
    OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
     
     
    ファインダーの無いミラーレスカメラの
    背面液晶だけでも、もちろん撮影はできます。
     
     
    写真の事始めが携帯やスマホだった・・・
    という若い世代の人からすれば、
    液晶画面の方がファインダーより慣れていて
    撮りやすいかもしれません。
     
     
     
    実際に、
    デジタル一眼レフを持っているけど、
    ファインダーは殆ど覗いたことがない!!
    という、若いカメラ女子の知人もいます。
     
     
     
    確かに風景や物撮りなど、
    液晶画面のライブビューでじっくり構図を決める方が、
    ファインダーよりも撮りやすいケースもあります。
     
     
     
    ただし、ライブ・ステージ・舞台撮影では、
    背面液晶の使用はご法度(禁止!)だと思ってください。
     
     
     
    客席は基本的に暗いですよね。
     
    その中(たとえ通路や客先の両サイドでも)では、
    液晶画面の光というのは思った以上に明るいものです。
     
    もちろん液晶画面の輝度を落とすことはできますが、
    それでは今度は撮影に支障が出ます。
     
     
    この液晶画面の明かりというのは、
    ステージを見ている観客からすると非常に目障りです。
     
    せっかく黒い服を着て黒子に徹していても、
    背面液晶を煌々と光らせていたら元も子もありません。
     
    存在を消す!? ライブステージフォトグラファー
     
     
     
    一点注意してほしいのは「撮影画像の確認表示」
     
    せっかく撮る時に液晶画面を消して
    ファインダーを使って撮影しているのに、
    「撮影画像の確認表示」をOFFにしていないカメラマンを
    度々見かけます。
     
     
    一枚撮るたびに背面液晶画面が光る・・・
     
    これもNG!なので気を付けてください。
     
     
    一枚撮るごとに液晶画面で確認する。
     
    そんな余裕はありません!
     
     
    ステージはどんどん進んでいきます。
     
    ステージから視線を外して
    撮ってしまったものを確認している間に、
    絶好のシャッターチャンスを見逃しているかもしれませんよ!
     
     
     
    ですので、
    撮影画像表示(メーカーにより表現は違いますが、
    撮影した画像が撮影直後に表示される設定)は
    必ず「OFF」にしておきましょう!
     
    必要な時にだけ、再生で確認できるのですから。
     
     
     
    そんな小さな(決して小さくありませんが)所にも
    気を使ってこそ「ステージ・フォトグラファー」への第一歩なんです!
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    カメラ女子を見習わなければ!?

    Pr-16_500

     

    「かわいい~!」 パシャッ

     

    「わーきれい!」 カシャッ

     

    「美味しそ~!」 チャカッ

     

     

    カメラ女子の様子を見ていると、
    実に気軽に写真を撮って楽しんでいる感じがします。

     

     

    友達と一緒に楽しそうに自撮りしている光景も
    よく目にするようになりました。

     

    そうして撮られた彼女たちの写真を見ると、
    とても勢いがありイキイキとしています。

     

     

    構図や絞りなど、ややこしいウンチクを超越し
    「好き」「楽しい」があふれています。

     

     

    得てして写真好きの男子達が忘れがちな「何か」が、
    カメラ女子の写真には満ちている気がします。

     

     

    男子は元々「メカ」が好きなものです。

     

    車、オーディオ、ラジコン、大人の科学の付録(笑) 等々

     

    ですから、カメラ男子!?はつい、シャッターは・・・、絞りは・・・、
    レンズは・・・、ISOは・・・と、メカニカルな「操作」に気を遣います。

     

     

    もちろんそれはそれで大切なことです。

     

    目に留まった対象をテクニックを駆使して
    「どう捕らえるか」は写真の醍醐味の一つです。

     

     

    しかし言わば「頭でっかち」な考えて撮られた写真は、
    「作為的」であったり、「いかにも感」が前面に出てしまい、
    見る者に「良く撮れてるけど、なんだかな鼻につく」感じを
    与えます。

     

     

    いかにも

     

    「いいカメラで撮ったんだ!」とか、

     

    「このボケ具合、最高でしょ?」とか、

     

    「完璧な構図でしょ?」とか・・・、

     

     

     

    要するに「鼻につく」んですね。

     

     

    確かに写真雑誌の作例にあるような

     

    「キレイ」で「良く撮れた」写真なんです。

     

    でもそれだけです。

     

     

    それで十分じゃないか!と言われてしまえばそれまでですが、
    写真で大切なのは、ある対象を見て感じた「撮影者の想い」です。

     

     

    それが無ければ、
    いくら「構図」「露出」「アングル」などが完璧でも、
    見る人には何も訴えません。

     

    「良くできました」

     

    で終わりです。

     

     

    数秒後には、忘れ去られているでしょう。

     

     

    「それがどうした、綺麗に撮れていればそれでいいじゃないか」

    と言うのであれば、
    それは自己満足のマスターベーションです。

     

    まあそれで本人が満足しているのであれば、
    あえてなにも言うことはないのですけどね。

     

     

     

    やっかいなのは、その手の人に限って「ウンチク」にこだわり、
    自分がいかに写真を知っているかを勘違いし、
    お節介にも、その自己満足ノウハウを他人に披露し
    押し付けようとするケースが多い事です。

     

     

    全く迷惑ですね(笑)

     

     

     

    ホステスさんが靴や背広でお客を値踏みするように、
    他人が使っているカメラを異常に気にして、
    自分より高級な(単に値段が高い)カメラを持っている人間には
    卑屈になり、安いカメラを持っている人間には優越感を抱く。

     

    その手のカメラ好き(決して写真好きではない)がいかに多い事か。

     

     

     

    高級デジタル一眼レフで撮られた写真よりも、
    携帯で撮られた写真に感動したりインパクトを受けることは
    多々あることです。

     

    そこに写真の本質があるのだと想います。

     

     

    その点でもカメラ女子はもっと自由で屈託がありません。

     

     

    左脳優先で撮るのがカメラ男子、
    右脳優先が女子と言えるかもしれません。

     

     

    写真の面白さを知りテクニカルな知識も増えてくると、
    ついそちらに走りがちですが、
    「一番大切なこと」を忘れていないか
    時々自分の写真を振り返って見ることも大切ですね。

     

     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!

     

    芦澤来斗


    Profile
    人気記事
    カテゴリー

    ページの先頭へ