ライブ写真撮影のレンズ選び

 
 
『大三元が必須でしょ!』
 
『小三元でもいけるよ』
 
『やっぱり単焦点だね!』
 
 
ライブ写真、コンサート写真、舞台写真などの
撮影で共通する事とは…
 

  • 屋外に比べて暗い被写体となる
  • 撮影スペースがかなり限定される
  • あまり動き回れない
  • シャッター音など“音”に気を使う
  •  
    主にはこんな感じでしょう。
     
     
     
    そんな環境でのライブ撮影では、
    どんなレンズがいいのでしょうか?
     
    【大三元】と数本の単焦点があればOK。
     
    そう言ってしまえばそれまでなんですが…。
    そう勧めているサイトも多々見受けられますけどね。
     
     ※そもそも『大三元』『小三元』とはなに?
     
      大三元:解放F値が2.8のズームレンズ(広角・標準・望遠)
      小三元:解放F値が4.0のズームレンズ(広角・標準・望遠)
     
      元々はキヤノンのレンズで言われていた言い方ですが、
      今はニコンでも使われますね。
      詳しくはネットで検索してもらえれば、
      いくらでも出てきますのでそちらで…。
     
     
     
    それだと話が終わってしまうし(笑)、
    皆がそう簡単に揃えられるわけではないと思うので、
    もう少し現場別に考えてみましょう。
     
     
     
    ライブハウス(ロック・ジャズ・ポップス系)
     

  • 照明は暗めでそれ程ころころ変化しない
  • 撮影場所は限定され狭い
  •  
    撮影場所にもよりますが、
    客席脇や舞台目前などで撮る場合は、
    広角と標準か準望遠の2本が基本となります。
     
    出来れば“F2.8”は欲しいですが、
    高感度に強いカメラの場合は“F4.0”でも
    何とか対応できるでしょう。
     
    ズームが必要か単焦点でいけるかは、
    同程度のキャパのライブハウスでの撮影が多いのか、
    その都度規模が違うかによりますね。
     
    撮影場所からステージの距離がある程度決まっていれば、
    単焦点の方が機動力は上がります。
    価格的にも手頃で明るいレンズが手に入ります。
     
     
     
    小ホール(ダンス・芝居)
     

  • 照明は暗く目まぐるしく変化する
  • 撮影場所は少し余裕がある
  •  
    ダンスや芝居系では、基本的にとにかく
    照明が暗くて変化が激しい場合が多く、
    しかも演者の動きが速いので
    シャッタースピードは高速に保つ必要があります。
    ですから、レンズは出来る限り明るくないと
    厳しい場合が多いでしょう。
     
    この場合はやはり“F2.8”は必要でしょう。
    “F2.0”以上であれば楽です。
     
    ズームか単焦点かはライブハウスの場合に準じます。
     
     
     
    ホール(クラシック・バレエ系)
     

  • 照明は基本的に明るく一定
  • 撮影場所はケースによる
  •  
    特別な演目を除き照明は明るめで安定しているので、
    “F4.0”程度でも対応できます。
     
    ただ撮影場所が客席最後部からに限定される場合は、
    望遠がないと演者をアップで捉えられません。
    会場の大きさにもよりますが、
    300mm程度の焦点距離が必要になります。
     
    三脚に望遠と標準の2台を
    セットすることになるでしょう。
     
     [APS-C]にサンニッパ
     [フルサイズ]に標準ズーム
     
      私の場合はそのペアが多いです。
     
    客席両サイドの通路などを動ける場合は、
    単焦点でも対応可能です。
     
    ただしくれぐれも演奏中にやたらに動き回って、
    お客様の目障りになることは厳禁です!
     
    “シャッター音”に一番気を使う現場ですね。
     
     
     
    代表的な例を考えてみました。
     
    これが野外のイベントやコンサートとなると、
    また変わってきますし、昼と夜でも違いますからね。
     
    野外でも、夜の場合は上記に準じます。
     
     
     

  • ステージまでの距離
  •  

  • 照明の具合
  •  

  • 演者の動きの速さ
  •  

  • 自分のカメラ
  •  
    上記の要素を鑑みて、
    必要な最も使用頻度の高そうなレンズから
    揃えてゆくことになると思います。
     
     
    これはカメラボディーにも言えますが、
    最初の頃は“何でも新品”で考えてしまいがちです。
     
    でも中古市場に目を向けると、
    意外に手に入れ易いものですよ。
     
    無理して新品レンズを1本買うなら、
    中古で2本買う方が対応力は上がることもあります。
     
    ただしあまり古いフィルム時代のレンズは、
    デジタルだと問題がある場合がありますから、
    その辺りは情報収集して気を付けてください。
     
     
    『レンズ沼は楽しいけど怖い・・・(笑)』
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    ライブ撮影に向けてのレンズ選び(基礎編)

    13s-005_w
     
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」、
    ボディーに関しては今まで何度かお話ししました。
     
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
    「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」
     
    「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」
     
    「フルサイズ」か「APS-C」か!? 「フルサイズ」神話
     
     
     
    「デジタル一眼レフ」でも「ミラーレス一眼」でも、
    正直言ってボディーよりレンズが重要なんです。
     
    カメラに興味を持ちだした初期の頃は、
    どうしてもボディーに目が向きますよね?
     
    憧れもありますしね(笑)
     
    デジタル一眼レフ フラッグシップ機への憧れ
     
     
    ところが写真の出来を左右する要素の
    大きな部分はレンズが占めます。
     
    メーカーのフラッグシップのボディーに、
    お手軽レンズを付けて撮影した写真と、
    入門用のボディーに最高級のレンズを付けて撮影した写真では、
    明らかに後者に軍配が上がります。
     
    最近は特に入門用のボディーでも、
    撮像センサーに関しては中級機と同等のカメラが殆どです。
     
    連写速度や耐久性を除けば、
    極端に言えば思うほどの差はありません。
     
    ボディー性能がネックで撮れない写真より、
    レンズ能力がネックとなって撮れない写真の方が
    圧倒的に多いんです。
     
     
     
    ですから、
    写真が分かってくるとレンズが気になりだします。
     
    よく「レンズ沼」と言われる、
    楽しくも底なしの世界にハマっていくんです・・・怖い!
     
    「ボディー沼」は聞いたことがありません。
    コレクターは別ですけどね(笑)
     
     
    ボディーは消耗品!
    レンズは一生?モノ!
     
    なんです。
     
     
     
    レンズ選びは楽しくもあり、悩ましくもあります。
     
    もちろん、「このレンズ」でないと撮れない!
    というケースもありますよ。
    その場合は悩まなくて楽?ですね。
     
     
    さてライブ撮影に向くレンズですが、
    最も重要なポイントは「明るさ」です。
     
    「明るさ」とはレンズが取り込める光の量です。
    「F値(エフチ)」という数値で表されます。
    「絞り値」とも言います。
     
    レンズ本体やカタログなどに載っている
    「F2.8」とか「F4」の事です。
      
    この数値が小さいほど「明るい」ことになります。
     
    ですから上記の2つのレンズでは、
    「F2.8」のレンズの方が「F4」のレンズより「明るい」んです。
     
    この辺りをより詳しく知りたければ、
    この手の内容を解説しているサイトは星の数ほどありますから、
    そちらを参考にして下さい(笑)
     
     
     
    で、「明るい」レンズが良い!となるのですが、
    ここでネックとなる問題があります。
     
    明るいレンズは
     
    「重い」「デカイ」「高い!」
     
    んですよこれが・・・。
     
    ズームレンズでは特に顕著です。
     
     
    ライブ撮影では「F2.8」は欲しいです。
    ズームならガマン!して「F4通し」というところ。
    「F4通し」とは、広角側も望遠側もF値が変わらず
    一定という意味です。
    ズームでも「F2.8通し」を持てれば理想です。
     
     
    時間のある時にでも、
    上記の条件のレンズをネットで調べてみて下さい。
     
    単焦点レンズ一本だけなら買えそうですが、
    この条件で単焦点もズームも一通り揃えるとなると、
    車が買えてしまう位の金額にになってしまいますよね!
     
     
    いかに自分の撮影に必要なレンズを予算内で選ぶかが、
    楽しくもあり悩ましい作業になります。
     
    また、大きなホールがメインのフィールドか、
    小さなライブハウスが中心かによって、
    必要なレンズは変わってきます。
     
    理想的には広角・標準・望遠の3本の単焦点レンズで、
    カバーできればいいんですが・・・。
     
    決まった箱(ライブハウス)で、
    決まったポジションからの撮影が目的なら、
    それに合った焦点距離の単焦点レンズが決まるでしょう。
     
    でも実際のライブ撮影では、
    現場によってステージの広さ・撮影場所からの距離・角度などが
    そのつど変わります。
    同じ箱でもバンドの編成によっても変わりますよね。
     
    ですので、ズームレンズの方が現場対応力は上がります。
     
    単焦点一本で、後は自分で動き回って対応する!
    これはこれでストイックでカッコいい!し、
    撮影に真剣に取り組み腕を磨くには良い方法です。
     
    ただ実際には動き回れなかったり、
    なかなか望むポジションは取れないことがほとんどです。
     
    その点ズームレンズであれば、
    ある程度の制約はカバーすることが可能です。
     
    取り敢えずの最初の一本は、
    「明るいズームレンズ」をお勧めします。
     
    ただしここにはハードルが!!
     
    「明るいズームレンズ」=「重い」「デカイ」「高い!」
     
    んですよこれが・・・。
     
    まずは中古のレンズを探してみるのも手です。
     
     
     
    どのレンズが自分に合うのかは
    実際には使ってみないと分からない点も多いと思います。
     
    そんな時は、メーカーのサービスステーションの
    レンズのレンタルを利用するのもお勧めです。
    1・2日であれば手頃な金額でレンタルできるので、
    興味あるレンズを借りて使ってみるのがいいと思いますよ。
     
    私も新しいレンズなどはレンタルして確認します。
     
     
    レンズの話は尽きませんね(笑)
     
     
    これから打合せなので、
    今日はこのへんで・・・。
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    ライブコンサート撮影に取り組むには?

    dscf4023_w

     
     

    一言でライブ撮影と言っても、その内容は様々です。
    主なものをあげても、

     

    1.ロケーション

     
       大ホールから小さなライブハウス、また野外会場など
     
    2.演目
     
       音楽、演劇、ダンス、講演会、各種発表会 etc

       音楽でもクラシックとロックでは全然違います。
     
    3.目的
     

       記録用、媒体用、Web用、SNS用 etc

     

    4.対象がプロかアマチュアか

     

    5.納品方法

     

    これ以外にも色々ありますが、
    組合せも考えるとバリエーションは無限?です。

     

    このような様々な対象を全てカバー出来れば理想ですが、
    最初は中々そうはいかないでしょう。

     
     

    特別な例を除いて、ほとんどの場合はあるキッカケ、
    例えば、

     

    知人からの依頼で発表会の撮影を頼まれた

     

    友人がライブハウスで演奏するのを撮って欲しいと依頼された

     

    などが始まりではないでしょうか。

     
     

    もちろん別の撮影をメインで行っているカメラマンが、
    たまにこの手の撮影を行うケースもあるでしょうし、
    ハッキリ言って、その方が圧倒的に多いと思います。

     
     

    ただこのサイトでは、あくまでライブ・ステージ撮影を
    メインとしているカメラマン向けに発信していますので、
    片手間?にライブ・ステージ撮影を行う人は対象外です(笑)

     
     
     

    さまざまな対象を引き受ける場合に、
    まず考えなければならないのは撮影機材かと思います。

     
     

    あらゆるカメラボディー、レンズ、三脚、ストロボ etcを
    全部そろえているから何でも来い!

     

    というカメラマンは、現実的にはまず存在しません。

     

    「俺はすべて持ってるぜ!」という人が居たとしたら、

     

    ある意味コレクターでしょうね(笑)
    私が対象としているカメラマンではないと断言できます(笑)

     
     

    まずは手持ちの機材でこなせる範囲で依頼を受けながら、
    徐々に対象を広げてゆくことになるでしょう。

     
     

    「ライブ撮影をしたいのですが、
      カメラやレンズは何がいいですか?」

     

    という質問を受けることが度々ありますが、
    一言では答えられないのは、ここまで読まれた方なら
    もうお分かりかと思います。

     
     

    「どんな条件」で、「なに」を撮ろうとしているのかで、
    必要となる機材はおのずと変わってきます。

     
     

    残念ながら、

     

    これ一台でOK!のカメラボディーはありませんし、

     

    これ一本でOK!のレンズもありません。

     
     

    逆に言えば、今手持ちの機材によって、
    撮影できる対象はある程度決まってくると言えるでしょう。

     
     

    もちろん経験を積んでいくうちに、
    同じ機材を使っていても、慣れとテクニックによって
    カバーできる対象は広がっていきます。

     

    また、手持ちの機材をいかに生かして撮るか?!という観点も、
    ライブ・ステージ撮影に限らず、
    撮影のテクニック向上と自分の個性の発掘にには
    重要なポイントとなります。

     
     

    ただ、これらを踏まえたうえで上記の

     

    「ライブ撮影をしたいのですが、
      カメラやレンズは何がいいですか?」

     

    という「問い」にライブ撮影を前提として答えるとすれば、
    下記のアドヴァイスは出来ます。

     
     

    1.シャッター音の小さいボディー

     

       同じメーカーのボディーでもシャッター音には個性があり、
       まず「音が小さい」ことと、
       なるべく「耳障りな音でない」
       ことがポイント

     

       最近のミラーレス機に搭載され始めた
       無音撮影を可能とする電子シャッター搭載機がベスト

     
     

    2.高感度の画質が優れたボディー3.なるべく明るいレンズ

     

       F値で表されるレンズの明るさが明るい
       (数値が小さい)レンズが好ましい

     

       F5.6とF2.8であればF2.8の方が明るい

     
     

    機材に関しては、別のページでも語っていますし、
    また別の機会に「なぜ明るいレンズが良いか」などについても
    書こうと思います。

     
     
     

    先にも少しふれましたが、

     

    「機材を増やすこと」

     

    を考えるより先に、

     

    「少しでも多く撮影機会を持つこと」 と

     

    「現状の機材でどう撮影するかを考える」

     

    ことの方がはるかに大切です。

     
     

    さまざまな現場で撮影を繰り返すことによって、
    自分にとって必要なカメラボディーやレンズは
    自然と分かってきます。

     
     

    スポンサーにがんじがらめに縛られた、
    カメラ雑誌のレビュー記事などに振り回せれることなく、
    自分の現場にとって「本当に役に立つ」機材を
    見極められる「目」と「感覚」を養いましょう!

     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     

    芦澤来斗

    「撮影テクニック」や「カメラ選び」の前に

    _MG_5166_500

     

    すでに『ミラーレスカメラ』や『デジタル一眼レフ』を

    持っている友人から、相談を受けることがよくあります。

     

    「そろそろ買い替えを考えているんだけど何が良い?」

     

    「今度出た新機種が良さそうなんだけど…」

     

    だいたいこんな感じの相談ですね。

     

     

    コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)しか持ってないとか、
    初めてカメラを買う相談であれば話は別ですが、
    買い替えや買い足しの相談の場合はまず聞きます。

     

    「普段、何を撮ってるの?」

     

    「キットレンズ以外にレンズは何を持ってるんだっけ?」

     

    ほとんどの回答は、

     

    「なんだか古くなって…、今の良さそうだし…。」

     

    「たまの旅行や子供と公園に行くときに持って行く。」

     

    「レンズは最初に買った時に付いていたレンズだけ。」

     

     

     

    こんな感じですね。

     

    これ、はっきり言って回答に困ります(笑)

    ほとんどの場合買い替えはモッタイナイ、必要ないんです。

     

    新しいカメラを手に入れたら、
    もう少し撮る回数が増えて自分のニーズが分かるかも…
    という期待効果はありますけどね~。

     

     

    レンズ交換式のカメラを持っている場合は、
    まずレンズの追加購入を勧めます。

    マウントが合うカメラの場合は、

    私のレンズをしばらく貸すこともあります。

     

    それで新鮮さ面白さを感じてもらえたら、
    一緒に中古レンズを購入しに行ったりします。

     

     

    どうしても初心者さんや特にカメラ趣味でない人は、
    新機種の宣伝文句やカタログデータに
    目を奪われるんですよね。

     

    特に「ボディー」に興味津々!(笑)

     

    よく分かります。

    私もサラリーマン時代はそうでしたから(笑)

     

     

    「P(プログラムモード)」や、
    人や風景などの「シーンモード」しか使ってない人に限ってね。

     

    「P」モードの「プログラムシフト」も??だったりしますから。

     

    それ以前に「P」の意識もなく「フルオート」だったりね…(汗)

     

    今持っているカメラでももっと色々楽しめるのに…。

     

     

     

     

    このハードルを越えると、
    写真の面白さに気付いて貰えるんですよね。
    (レンズ沼に入ってしまうとそれはそれで…ですが(笑))

     

    ここを超えると、相談内容はもっと具体的になります。

     

    目的によっては、ここで初めてボディーの買い替えも
    検討に値するようになります。

     

     

     

    これは新規購入時の予算配分にも言えますが、
    ボディーとレンズの重要度の比率は、

    「ボディー4:レンズ6」あるいは

    「ボディー3:レンズ7」位です。
    特別な目的が無い場合は。

     

     

     

    あと、これはよく言われることですね。

     

    「まずは10,000枚撮影して初めて身体の一部になる。」

     

     

    最初はほとんどズームレンズが多いと思うので、
    「画角の目を養う」ことにはなりにくいですが、
    少なくともボディーが手の延長になっているかどうかの
    判断基準にはなります。

     

    「ISO感度の変更は…え~っと…」

     

    「ホワイトバランスは何処で変えるんだっけ…」

     

    この段階ではボディーの買い替えは必要無いです。

     

     

     

    一定以上使い切って初めて、
    自分に合うカメラとは?が分かってきますから。

     

     

    ※ここでの話は、あくまで写真を「撮る!」ことを

    目的とした話です。防湿庫にしまったカメラを

    磨いて空シャッターを切るのが趣味の方には

    参考になりません(笑)

     

     

    「関連記事」

     

    コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)からデジタル一眼へ

     

    コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)

     

    「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」

     

    「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」

     

    デジタル一眼レフ フラッグシップ機への憧れ

     

    「フルサイズ」か「APS-C」か!? 「フルサイズ」神話

     

     

     

    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     

     

    芦澤来斗


    Profile
    人気記事
    カテゴリー

    ページの先頭へ