[ミラーレス]と[ミラーレス一眼]ファインダーは使わない?


 
「ファインダーって、古いカメラに付いているのぞき窓?」
 
「お父さんのカメラには付いているけど…」
 
「えっ? ファインダーってなに??」
 
最近はこんな反応が返ってくることが増えました。(笑)
[ミラーレス][ミラーレス一眼]だと言う以前の話ですね。
 
 
写真を撮ると言ったら、携帯かスマホで撮るのが当たり前。
ちょっと写真が好きな彼や彼女が持っているコンパクトカメラ
(コンデジ)にもほとんど【ファンダー】は付いていません。
 
写真を撮る時は、スマホやカメラの液晶画面を見ながら
撮るのが当たり前になりました。
 
 
[デジタル一眼レフ]は構造上【ファインダー】が必須でした。
最近では[ライブビュー]と言って、デジタル一眼レフでも
【ファインダー】でなく背面の液晶画面を見ながらの
撮影スタイルも普通になりました。
 
一言で[ミラーレス]と呼ばれるカメラにも、
厳密には[ミラーレス][ミラーレス一眼]があります。
 
この“一眼”があるか無いかの違いは簡単に言うと
【ファインダー】の[ある][なし]と言っていいでしょう。
 
[ミラーレス]カメラは、スマホのように
【背面液晶画面】を見ながら撮影します。
 
 
[ミラーレス一眼]カメラは
【ファインダー】と【背面液晶画面】の両方を使い分けできます。
 
[ミラーレス]カメラと同じように【背面液晶画面】を見て
撮ることも、[デジタル一眼レフ]のように、
【ファインダー】を覗いて撮ることもできるわけです。
 
 
 
【ファインダー】を使って撮るメリットは主に下記です。
 

  • 構図など撮影対象に集中できる
  • 額をカメラに付けるためブレの防止になる
  • 明るい日差しの中でも見やすい
  •  
     
     
    特に私のように
    [ライブステージ]や[コンサート]の撮影を主に行う場合は、
    【ファインダー】は必須
    です。
     
    ライブハウスやホールの暗い客席の中で、
    観客の目障りになる液晶画面の光を点けているなんて
    あり得ませんからね。
     
    たまに無神経にも液晶画面を点けっぱなしのカメラマンに
    遭遇しますが、プロの現場ではそんなカメラマンは
    次の現場では声が掛からないので2度と会いません。(笑)
     
     
     
    普段気軽に持って歩いてスナップ撮影したり、
    日常風景の撮影では【ファインダー】の必要性を
    感じないかもしれません。
     
    まして【ファインダー】を使って
    “自撮り”はできませんからね~(笑)
     
     
    でも写真撮影に少し真剣に取り組むのであれば、
    ぜひ【ファインダー】を使って撮影してみてください。
     
    コンデジの[背面液晶画面]を見ての撮影や、
    スマホでしか写真を撮ったことがないのであれば、
    真剣に【ファインダー】から被写体を見ると、
    きっと新たな、新鮮な感覚や発見があると思います。
     
     
     
    「化粧が崩れる!?」
     
    「付けまつ毛がとれる!?」
     
     
     
    「う~ん・・・困りましたね~」
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
     
    芦澤来斗


    ファインダーは【OVF(光学ファインダー)】?? 【EVF(電子ファインダー)】?? どっち?


     
    ファインダー(正式には“ビューファインダー”)と言っても、
    カメラのタイプによって様々な種類があります。
     
    その中で[一眼タイプ]のカメラのファインダーには、
    大別して下記の2種類があります。
     
     
    「光学式ファインダー(OVF:Optical View Finder)」
     
     [デジタル一眼レフ]のファインダーで、
     字のごとくレンズから入ってきた【光】を
     直接見るタイプのものです。
     
     [レフ]という鏡によって、レンズから入ってきた【光】を
     ファインダーとセンサーに切り替えて届けます。
     
     通常[レフ]はファインダーに【光】を導き、
     シャッターが押された瞬間に[レフ]が上がり(ミラーアップ)、
     【光】がセンサーに届きます。
     
     このため、撮影の瞬間にはファインダーに【光】が導かれず、
     ファインダーが真っ暗になります。
     これが“ブラックアウト”と呼ばれる現象です。
     
     
    「電子式ファインダー(EVF:Electronic View Finder)」
     
     [ミラーレス一眼]のファインダーで、
     ファインダー内に組み込まれている小さな液晶画面の像を
     レンズで拡大して見るタイプのものです。
     
     レンズとセンサーの間に[レフ]がなく、
     レンズから入った【光】は常時センサーに届く状態です。
     
     電気信号に変換された【光】情報が、
     ファインダー内の小さな液晶画面に表示されるのです。
     
     ですから原理的には“ブラックアウト”は生じません。
     ですが、現状では電気的処理スピードの関係で
     実際には電気的に“ブラックアウト”が生じますが、
     最新機種ではほぼ問題ないレベルになりつつあります。
     
    今後シャッターが[グローバルシャッター]になった段階で、
    完全に“ブラックアウト”からは解放されます。
     
     
    ネット上で『ミラーレス一眼レフ』という記述を
    よく見かけますが、上記の通り[ミラーレス一眼]に
    [レフ]はないのでこの言い方は誤りです。
     
    そもそも“ミラーレス”とは“レフ(ミラー)”が無いという
    意味ですからね(笑)
     
     
     
    実際の使用感に関しては、
     
    “目に優しい”のは[OVF]
     
    “機能的に優れている”のは[EVF]
     
    と言えます。
     
     
    OVF(光学ファインダー)かEVF(電子ファインダー)か…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
     
    例えれば、
    [OVF]は窓から景色を見ている感じで、
    [EVF]は景色をカメラを介して液晶テレビで見ている感じ、
    とでも言えるでしょうか。
     
    やはり窓越しの方が気持ち良いですよね?
     
     
    実際にライブ撮影などで、数分間続けてファインダー越しに
    被写体を見続ける場合などは、やはり[OVF]の方が目が楽です。
     
    ただ[EVF]も日進月歩で進化しているので、
    現状ではほとんど気にならないレベルにはなってきています。
     
     
    [視野率]や[倍率]など他の要素もありますが、
    [EVF]が撮影現場で使えないから[デジタル一眼レフ]を選ぶ・・・
    という段階は過ぎたと言えます。
     
    通常の撮影では[EVF]でほとんど問題ないでしょう。
     
    [EVF]ではファインダーで[露出]や[被写界深度]、
    [各種効果]が撮影時にリアルタイムで確認できるので、
    機能的に優れていますし、
    先ほどの“ブラックアウト”も克服されつつありますから、
    数年後には“ファインダーと言えばEVF”が
    当たり前になるでしょう。
     
    ということは、
    数年後には[デジタル一眼レフ]より[ミラーレス一眼]が
    主流となることは明白です。
     
     
    そこには、カメラメーカーの思惑や政治的な要素、
    カメラ歴の長いユーザーの意識や慣習が絡むので、
    そう簡単に移行しないとは思いますけどね。
     
     
    ただ
     
    [デジタル一眼レフ]から[ミラーレス一眼]への潮流…
     
    これを止めることは誰にもできないでしょう。
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    ついに【EVF(電子ファインダー)】が【OVF(光学ファインダー)】を超えた!?

    20081019-182214-_MG_0304_w
     
    カメラのファインダーについては、
    これまでにも何度かお話ししてきました。
     
    気持ちいいのは「OVF」
    機能的に優位なのは「EVF」
     
    ただ現状の「EVF」には遅延の課題があり、
    完全に「OVF」から置き換わらないという話もしました。
     
    これについては完全ではありませんが、
    実用上ではほぼ気にならないところまで
    性能が向上してきています。
     
     
    スマホ世代にとっては、
    ファインダーはもはや無くても特に困らない物に
    なっているのかもしれません。
     
    背面液晶画面で撮るほうが
    "普通"になりつつあるのかもしれません。
     
    実際に知り合いのカメラ女子で、
    「ファインダーは使ったことがない!」という女性がいます。
    かなり積極的に撮影している彼女なんですけどね。
     
     
    デジタル一眼レフやミラーレス一眼でも、
    じっくり構図を決めて撮影する場合には、
    ライブビューで撮るのが一般的になってきました。
     
     
    ただ、ライブステージの撮影においてはそうはいきません。
    ファインダーが必須であることは何度も話しました。
     
    ライブコンサートや舞台の撮影で、
    暗い客席の中で背面液晶画面を煌々と光らせて
    撮影しているとしたら、カメラマン失格です。
     
    少なくともライブステージを
    メインに撮影するカメラマンとしては・・・。
     
     
    ですから我々ステージフォトグラファーにとっては、
    ファインダーは非常に重要です。
     
     
    今回、ソニーから「α9」(アルファ9)という、
    画期的なミラーレス一眼カメラが発表されたことで、
    ファインダーの永年の課題がクリアーされました。
     
    「α9」のファインダーの何が画期的かと言うと、
    「ブラックアウト」からの解放!です。
     
    ミラーレスカメラが登場した時点で、
    機構的には「ブラックアウト」は無くなる"ハズ"でした。
     
    「ミラーレス」と言う意味は、ミラーが無いということです。
     
    そもそも「ブラックアウト」とは、
    一眼レフという「レフ(ミラー)」がある構造のために
    必然的に起きる現象です。
     
    詳細はここでは省きますが、デジタル一眼レフになっても
    フィルム時代の「一眼レフ」の構造が継承されてきたので、
    言ってみれば「一眼レフ」の欠点を引きずっていた訳です。
     
    その問題をミラーレス一眼は構造的には抱えていません。
     
    しかし構造的には「ブラックアウト」が起きない
    「ミラーレス一眼」ですが、
    残念ながら"電気処理速度"の制約から、
    実際には「ブラックアウト」が生じていました。
     
     
    それが今回のα9によってとうとう
    "電気処理速度"においても100%ではありませんが、
    実質上「ブラックアウト」が起きなくなりました。
     
    これはソニーの「積層型CMOS」という
    新たな構造の高速センサーによりもたらされました。
     
    今後ソニーが
    この「積層型CMOS」センサーを他社に提供していくのか、
    あるいはまたこの技術を使った他社向けのセンサーを
    受注生産するのかも気になるところです。
     
     
    その他にもローリング歪み解消の件など
    革新的な点がありますが、
    それはまた別の機会にお話しします。
     
    そしてついに「メカニカルシャッター」が
    その使命を終える時が視界に入ってきました。
     
    ストロボ同調のことなどもあり、
    今すぐではありませんが
    これもカウントダウンが始まりましたね。
     
     
    いよいよカメラ本体の
    本質的な意味での「フィルム」から「デジタル」への
    地殻変動が起きつつあるのを感じます。
     
     
    ソニーα9(アルファ9)発表でデジタル一眼レフの牙城が危ない!
     
    ライブ撮影ではファインダー(OVFでもEVFでも)は必須!
     
    OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    悩めるコンパクトカメラ(コンデジ)選びVol.2

    20050113-img_f_103-152527_w
     
    肌身離さずメインのカメラを持ち歩くのが理想だし、
    実際にそういう人も周りに何人か居ます。
     
    翻って、気合も根性も体力も心もとない私は、
    行く先や時間にもよるけれど最近特に
    カメラを持たずに外出ることが多々あります。
     
     iPhoneがあるからまあいいや・・・
     
     
    そしてそういう時に限って、
     
     カメラ持ってきたらよかった~!
     
    という場面に遭遇するんですよね。
     
     
    以前にも話しましたが、
    私は液晶画面を見ながらの撮影は苦手です(笑)
     
    もちろん、三脚を立てての撮影では
    ライブビューを活用しますが、
    手持ちのライブビュー撮影はどうにもシックリせず
    落ち着きません。
     
    私にはファインダーは必須なんです。
     
     
    そして常時カメラを持って出ない理由の一つが、
    今現在手元にお気に入りのコンデジがないのも
    大きな要因なんです。
     
    いつでもどこでも一緒に居たいコンデジがない・・・
     
     
    もちろん、まったくないわけではありません。
    何台かはありますよ、新旧含めて。
     
    新といっても2年くらい前のモデルですけどね。
     
     
    いろいろ物色はしているんですけど、
    まだ「コイツだ!」に出会っていません。
     
     
    機能だけならこれ・・・でもデザインが・・・
     
    これにファインダーさえあれば・・・
     
    という感じで。
     
     
    現状の高級コンパクト機をセンサーサイズで考えると、
    以下のように分類できますね。
     
    35mmフルサイズモデル
     ソニーサイバーショットRX1シリーズ、ライカQなど
     
    APS-Cモデル
     SIGMA dp Quattroシリーズ、リコーGR II、
     FUJIFILM X100シリーズなど
     
    1型モデル
     ソニーサイバーショットRX100シリーズ、
     パナソニックLX9など
     
     
    操作性(マニュアル操作のやり易さ)と
    ファインダーの有無を考えると
    必然的に絞られてはくるんですが・・・。
     
    潤沢な予算があれば良いのですが、
    どうしてもメインの方への投資が先行して、
    コンデジは後回しになってしまいます。
     
     
    そうは言っても、納得の・・・いつも一緒の・・・
    コンデジ熱が高まっている(笑)ので、
    そろそろ手に入れたいと思っている今日この頃です。
     
     
    これからクラシックコンサートの撮影に向かうために
    カメラバッグに撮影道具を入れながら、
    バッグに入れないコンデジがあればな・・・と
    あらためて思った次第です。
     
     
    では行ってきます!
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    「デジタル一眼レフ」の終焉?!

    20061014121543
     
     
    カメラのトレンドがデジタル一眼レフからミラーレス一眼へと
    向かっていることは何度か書いてきました。
     
     
    これはフィルムからデジタルに移り変わった時点で、
    いつかは置き換わるであろうことは予想されていたことだし、
    あとは、いつ?何に?という点が関心事でした。
     
     
    「一眼レフ」という仕組みは、
    「フィルム」を前提とした撮影の機構としては
    ある意味完成の域に達していたと言えます。
     
     
    デジタル一眼レフは、
    その「フィルム」を「撮像素子(センサー)」に置き換えたもので、
    基本的な機構はそのまま継承してきた訳です。
     
     
    しかし「フィルム」が「撮像素子」に置き換わった段階で、
    「一眼レフ」機構のキモであるミラーとペンタプリズムは
    本質的には不要となりました。
     
     
    「フィルム」を前提としたカメラでは、
    「一眼レフ」に限らず
    「二眼レフ」も「レンジファインダー」も全て、
    ファインダーとフィルムへは受けた光を直接届けて
    見たり感光する仕組みです。
     
     
    「フィルム」が「撮像素子」に入れ替わった時点で、
    受けた光は一旦電気信号に変換されます。
     
    そのためファインダーも基本的には
    電子ファインダー(EVF=Electric Viewfinder)となり、
    小さな液晶画面に写った映像を見るようになりました。
     
     
    ですから従来の光学ファインダー(OVF=Optical Viewfinder)の
    ために必要であったミラーもペンタプリズムも
    不要となったのです。
     
     
     
    しかし現状では過渡期の段階ですので、
    まだ一眼レフの機構は生き残っています。
     
     
    その主な理由は以下の通りです。
     
     1.見た目の自然さでEVFはまだOVFに負けている
     
      窓ガラス越しの景色と
      テレビの風景画像の差と言えるでしょう。
     
     
     2.動体に対する追従速度もまだ課題
     
      液晶の課題と電気信号処理速度により
      早い動きの表示には遅れが生じる
     
     
     2.ブラックアウトが解消していない
     
      ミラーが無くなり原理的には露光の瞬間の
      ブラックアウトは生じないはずが、
      現状では電気的な処理速度の限界で、
      一眼レフと同様にブラックアウトが生じる。
     
     
    その他にもありますが、
    大きな要因としては上記があげられます。
     
     
    これらも日進月歩の技術開発により急速に改善され、
    現状でもほぼ問題ないところまで来つつあります。
     
    実用上は全く問題がなくなる日も近いでしょう。
     
     
    EVFのメリットに関しては以前にも話しました。
     
    OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
     
    ですから「フィルム」が「撮像素子」に
    置き換わった段階でこの流れは決まっているのです。
     
    あとはデジタル技術の進歩と共にどこまで加速し、
    どこまで行くか・・・という問題ですね。
     
     
    もちろん、
    現状の「ミラーレス一眼」が最終形ではないと思います。
     
     
    革新的なブレークスルが起きて、
    予想もしないようなカメラが登場することも考えられます。
     
    すでに「Lytro」のようなカメラも出現してきていますしね。
     
     
    ただし当面は「デジタル一眼レフ」から
    「ミラーレス一眼」へと移り変わる流れが続くのは確実です。
     
     
    現時点でも、私の回りのフリーのカメラマンは
    徐々に仕事カメラを「ミラーレス一眼」に移行しつつあります。
     
    投資費用の償却・費用対効果を考えた場合
    そうならざるを得ないのが現状です。
     
    画質的には通常の仕事では「ミラーレス一眼」で充分です。
     
    現有の一眼レフ用のレンズ資産をどうするかという
    頭の痛い課題はありますけど・・・(笑)
     
     
    あとはNIKONとCANONがどの段階で軸足を移すかに
    掛かっていると言ってもいいかもしれません。
     
     
    業界で「社カメ」と言われる会社から貸与されるカメラは、
    まだ「デジタル一眼レフ」が主流です。
     
    ですので報道や出版系の社員カメラマンは
    それを利用しています。
     
    メーカーのサポートもそれを前提にしています。
    ある意味「デジタル一眼レフ」の延命を
    図っているとも言えます。
     
     
    本音ではフットワークのいい「ミラーレス一眼」がいいと
    思っている社員カメラマンも多いと思いますよ。
    腰痛や肩こりが減りますからね・・・(笑)。
     
     
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
    デジタル一眼レフかミラーレス一眼か・・・それが問題だ!?
     
    いよいよ「デジタル一眼レフ VS ミラーレス一眼」が本格化!?
     
    「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    ライブ撮影ではファインダー(OVFでもEVFでも)は必須!

    _mg_7597_w
     
     
    ライブ・ステージ・舞台を撮影する際に、
    使用するカメラにの絶対必要な機能として
    ファインダーがあります。
     
     
    最近話題の「OVF」と「EVF」については以前何度かお話ししました。
     
    OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
     
     
    ファインダーの無いミラーレスカメラの
    背面液晶だけでも、もちろん撮影はできます。
     
     
    写真の事始めが携帯やスマホだった・・・
    という若い世代の人からすれば、
    液晶画面の方がファインダーより慣れていて
    撮りやすいかもしれません。
     
     
     
    実際に、
    デジタル一眼レフを持っているけど、
    ファインダーは殆ど覗いたことがない!!
    という、若いカメラ女子の知人もいます。
     
     
     
    確かに風景や物撮りなど、
    液晶画面のライブビューでじっくり構図を決める方が、
    ファインダーよりも撮りやすいケースもあります。
     
     
     
    ただし、ライブ・ステージ・舞台撮影では、
    背面液晶の使用はご法度(禁止!)だと思ってください。
     
     
     
    客席は基本的に暗いですよね。
     
    その中(たとえ通路や客先の両サイドでも)では、
    液晶画面の光というのは思った以上に明るいものです。
     
    もちろん液晶画面の輝度を落とすことはできますが、
    それでは今度は撮影に支障が出ます。
     
     
    この液晶画面の明かりというのは、
    ステージを見ている観客からすると非常に目障りです。
     
    せっかく黒い服を着て黒子に徹していても、
    背面液晶を煌々と光らせていたら元も子もありません。
     
    存在を消す!? ライブステージフォトグラファー
     
     
     
    一点注意してほしいのは「撮影画像の確認表示」
     
    せっかく撮る時に液晶画面を消して
    ファインダーを使って撮影しているのに、
    「撮影画像の確認表示」をOFFにしていないカメラマンを
    度々見かけます。
     
     
    一枚撮るたびに背面液晶画面が光る・・・
     
    これもNG!なので気を付けてください。
     
     
    一枚撮るごとに液晶画面で確認する。
     
    そんな余裕はありません!
     
     
    ステージはどんどん進んでいきます。
     
    ステージから視線を外して
    撮ってしまったものを確認している間に、
    絶好のシャッターチャンスを見逃しているかもしれませんよ!
     
     
     
    ですので、
    撮影画像表示(メーカーにより表現は違いますが、
    撮影した画像が撮影直後に表示される設定)は
    必ず「OFF」にしておきましょう!
     
    必要な時にだけ、再生で確認できるのですから。
     
     
     
    そんな小さな(決して小さくありませんが)所にも
    気を使ってこそ「ステージ・フォトグラファー」への第一歩なんです!
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    OVF(光学ファインダー)かEVF(電子ファインダー)か…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・

    010-03-005_e

     

    前回のオートフォーカスに続いて、
    今回はファインダーに関しての話です。

     

     

    通常の一眼レフカメラとミラーレスカメラの
    構造上での最大の違いがファインダーです。

     

    構造に関する話は以前に書きました。

     

    1.「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」

    2.「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い

     

     

    今回は構造の話ではなく、
    使用感を中心にお話しします。

     

     

     

    上記にも書いていますが、ファインダーには大別して
    「光学式ファインダー(OVF)」と「電子式ファインダー(EVF)」
    の2種類があります。

     

    OVFは入ってきた光をレンズやガラスを通して見ます。

     

    EVFは背面液晶と同じものを
    サイズの異なる小さな液晶画面で見ます。

     

    ですので、対象物がそのまま見れるOVFの方が、
    やはり見やすく気持ちよいのは事実です。

     

     

    同じ風景を見るのに、
    窓越しに見るのとテレビ画面で見るのとでは、
    やはり窓越しの方が気持ちいいですよね!?

     

    それと同じことです。

     

     

    ステージ撮影などで数時間ファインダーから目を離さず
    見続けなければならない場合などは、
    やはりOVFの方が目が楽です。

     

     

    だったらファインダーはOVFで決まり!!

     

     

    かと言うと、一概にそうとは言えないから厄介なんです。

     

     

    なぜか??

     

    先ほどの窓からの風景の話に戻りますが、
    昼間なら窓からは美しい風景が見えます。

     

    でも、夜はどうでしょう?

    真っ暗で何も見えませんよね?

     

    OVFは対象物をそのまま見ているので、暗闇では見えません。

     

    また、実像を見ているので撮影結果は直接は見れませんし、
    自分の各種設定による結果への反映具合も見れません。

     

     

    その逆がEVFと言えます。

     

    背面液晶をモニター代わりに見ながらのライブビュー撮影と同じく、
    ファインダーでも撮影結果が事前に見えているわけです。

     

     

    最近のデジカメは高感度に飛躍的に強くなってきているので、
    肉眼ではほとんど見えていないくらいの暗さでも、
    少しでも光があれば暗視カメラのように撮影できます。

     

    もし背面液晶が無くOVFだけでそのような暗がりで撮影する場合は、
    勘に頼って撮るしかありません。

     

    EVFであれば、
    高感度に設定した感度で撮影前に対象を見ることができます。

     

     

    では暗い場面での撮影はEVFで決まり!!

     

     

    となれば「目出度し、めでたし!」なのですが、
    一概にそうは言えないので悩ましいんです。

     

    EVFの弱点の一つに応答速度があります。

     

    OVFは入ってきた光をガラスを通して直接見ますから、
    もちろんタイムラグはありません。

     

     

    でもEVFの場合は、入ってきた光をセンサーで受けて、
    画像エンジンで演算処処理した結果が液晶に表示されて
    初めて見ることができます。

     

    そのためどうしても遅延(タイムラグ)が発生します。

     

    この一連の処理が、暗くなるほどに遅くなるのです。

     

     

    ちなみにEVFでも背面液晶でも構いませんから、
    見ながらカメラの前で手を振ってみてください。
    見てわかるくらいの遅れが感じられると思います。

     

     

     

    OVFのガラス越しより画像が荒かったり
    ギラついたりする不自然さもさることながら、
    このタイムラグが一番困るのです。

     

     

    これがデジタル一眼レフ機からミラーレス機への移行の
    一番の阻害要因でした。

     

     

    もちろん風景のように対象が動かないものであれば、
    問題ないかもしれません。

     

    しかし、私はステージ上の動くものが被写体です。

     

    遅いEVFを見ながら「ここ!」という瞬間にシャッターを切っても
    実際には0コンマ何秒か経った時点を撮っていることに
    なってしまうのです。

     

     

     

    と言いつつも最近になって、
    ファインダー像の不自然さも上記の遅延も
    ほとんど実用上問題ないレベルのEVFが登場してきています。
    (暗い場面での遅延はまだ気になるレベルですが…)

     

    この辺りは本当に日進月歩ですよね。

     

     

    覗いた時の気持ちよさはまだOVFにはかないませんが、
    そこを少し我慢すれば、
    EVFのメリットを享受できるところまできました。
    (ハイブリッドで両方使える機種もありますけどね)

     

     

    一眼レフでは構造上、
    シャッターを切った瞬間はブラックアウトして見えない!
    という欲求不満からも解放されますしね。

     

     

    ですので、最近ではほぼミラーレス機をメインに
    撮影をこなせるようになりました。

    機材が小さくて軽い恩恵を受けれるようになりました(^^)

     

     

     

    えっ!

     

    ファインダーなんか使ったことない!!??

     

     

     

     

    ムムム…

     

     
     
    ファインダーは【OVF(光学ファインダー)】?? 【EVF(電子ファインダー)】?? どっち?
     
     
    ついに【EVF(電子ファインダー)】が【OVF(光学ファインダー)】を超えた!?
     
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!

     
     

    芦澤来斗


    Profile
    人気記事
    カテゴリー

    ページの先頭へ