電子シャッターの無音撮影は武器となるか!?


 
静まりかえったホール
 
ピアニストが全身全霊を掛けて
大切な1音に指を降ろそうとしたその瞬間
 
  カシャッ!
 
 
張り詰めていた会場の空気が一気に緩む。
まるで空気が抜けていくように。
 
 
 
天から降り注ぐ光の柱
 
それに向かって祈るように手を差し伸べて
天を仰ぐ役者。
その想いがまさにピークになろうとした瞬間
 
  カシャッ!
 
異次元だった空間が、
一気にただの芝居小屋の舞台に戻る。
 
 
 
そんな場面に何度も遭遇したことがあります。
 
アマチュアのステージでは度々ありますが、
プロの現場でもあるんです。
 
 
これって、
[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]で
無音撮影どうのこうの以前の話ですね。
 
 
 
アマチュアのステージでは、
ある意味仕方ないか・・・と流せます。
 
出演者の親族・知人が頼まれて
撮っているんですからね。
 
現場の[お作法]も[シキタリ]も何も
知らない訳ですから無理もないんです。
 
[シャッター音]を響かせる以前に
[フラッシュ]光らせたりしますから(笑)
 
あまりにひどい場合は、主催者に代わって
注意することもありますけどね。
 
 
 
でも、許可を得たカメラマンしか撮影できない
ような現場でこれやられると非常に頭にきますね。
 
それなりのステージでもたまにあるんですよ。
メジャーな出演者がいるような現場でも。
 
たいていは[報道系]のカメラマンですね。
 
最近はだいぶマシになってきましたが、
テレビ局や新聞社が横暴なことが多かったです。
 
 “撮りに来てやってる”感
 “取材してやってる”感
 
丸出しで、無礼というか舐めているというか・・・。
 
出演側も心得ているベテランの現場では、
その辺りの[トラブルの種]を心得ているので、
裏方含めスタッフ一同に事前に連絡があります。
 
 「申し訳ないけど、
  今日はTV取材入るから、
  何かあればすぐに教えてください」
 
という感じですね。
 
 
これが出演者側も
(出演者というより事務所やマネージャーなど取り巻き)
TV取材に慣れていなかったり、
まして取材されることに舞い上がっていたりすると、
色々起きるんですよ、本番中とかにね。
 
 
 
話しが[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]から
だいぶ飛躍してしまいました・・・。ゴメンナサイ!
 
 
そして冒頭のようなシーンですが、そんな瞬間こそ、
演者が最高の表情をしているんです。
 
でも今までは条件反射的にシャッターを
切りそうになるのをこらえていました。
 
でもその後も[その瞬間の表情]が脳裏に残ります。
 
“最高の瞬間だったなー”と・・・
 
そのストレスから解放してくれたんです。
[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]がね。
 
この“解放感”は、少なくともステージを撮る
私にとってはとても大きなものです。
我慢しなくてよくなりましたからね。
 
 
こちらが我慢している瞬間に、
「カシャッ」とシャッター切った音がすると、
本当に腹が立つんです。
 
まあそれがフリーのカメラマンだった場合には、
何度かそれがあると、いつの間にか
現場では見掛けなくなりますね。
 
そんな神経では呼ばれなくなりますから。
 
写真の[技術]や[腕]以前の、
デリカシーの問題ですからね。
 
 
これは鉄道の運行を妨げる[撮り鉄]も、
立ち入り禁止の花壇にズカズカ入っていく
自称カメラマンも同じですね。
 
 
私はかねがね、
ライブやコンサートや舞台の会場には
カメラマンなんて居ないのが一番良い・・・と
言ってきました。
 
演者・演出の妨げになってはならないのは勿論ですが、
入場料を払って来場している観客の邪魔になるのも
[ありえない]ことだと思っています。
 
 
そんな私にとっては、
[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]での
無音撮影はとても強い味方です。
ストレス解消ツールのひとつです(笑)
 
 
これも何度か話しましたが、
[音]が消せた今、欲しいものはヒトツ!
 
 
 
 透明マント
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


ソニーα9(アルファ9)発表でデジタル一眼レフの牙城が危ない!

alfa9

ついに来ましたね!?
 
ソニーα9
 
NIKON D5系、Canon 1DX系に正面から戦いを挑む
ミラーレス一眼が登場しました。
 
主戦場はスポーツ写真や野鳥などのネイチャー写真。
 
 
ソニーα9の革新的な点は下記です。
 
 1.ブラックアウトなしの高速連写
 
 2.ローリング歪みのない電子シャッター
 
デジタル一眼レフでは構造的に不可能な
ブラックアウトなしの連写がとうとう実現しました。
 
理屈から言うとミラーレス一眼では「ミラーレス」の名の通り、
ミラーによるブラックアウトは起こらないのですが、
電気的な処理速度の限界で実際にはブラックアウトが
生じていました。
 
 ついに、電子がメカを超えました!
 
高速連写の永年の課題であった「ブラックアウト」が、
言ってみれば過去のものとなりました。
 
 
そして「無音撮影」を実現する
電子シャッターの問題であった、
 
 「高速に動く被写体がゆがむローリング現象」
 
もなくなりました。
 
振っているバットやゴルフクラブがグニャリと
曲がって写る現象が起こらなくなった訳です。
 
正確には全く無になったわけではなく、
通常のフォーカルプレーンシャッターと同等になったと
言うのが正しいのですが、
メカシャッターで通常は問題にならなかったレベルに
なったという事です。
 
 
上記の2点が何をもたらすかというと、
極論すればメカニカルシャッターが不要になる!のです。
 
 
もちろん「シャッター音」は無ければよいと
言い切ることはできません。
 
以前にも「無音撮影」についてはお話ししましたが、
撮影のリズムや感触、手応えという部分で
音が鳴った方が良い点もあります。
 
α9もそのあたりは意識していて、
電子音での疑似シャッター音を設定できたり、
意図的に連写開始の最初だけ意図的にわざと
ブラックアウトを演出することもできるようです。
 
 
ただ、ライブコンサート写真の撮影や、
講演会、その他静粛を求められるシーンでは「無音撮影」は
今や必須となりつつあります。
 
今までは「仕方ない」で済んでいた「シャッター音」も、
今後は徐々に「鳴らしてはならない音」となるでしょう。
 
 
我々プロの現場では、
シャッターの耐久性というのも重要です。
メカである限り寿命がありますからね。
 
電子シャッターは稼働メカがありませんから、
耐久性とは無縁になります。
 
 
そのうち、
 
 「昔はシャッターを切るとブラックアウトという
  現象が起きたんだよ」
 
と若い人たちに語る日が来ますね(笑)
「ブラックアウト」が死後になるのはいつ頃でしょうね。
 
 
デジタル一眼レフでもそうですが、
現状ではスポーツ撮影系が主となる「連写」重視のカメラと、
風景写真や物撮りなどが主となる「解像度」重視のカメラの
二系列あるわけですが、
これも将来的には一本化されてゆくのでしょう。
 
 
「解像度」重視系は先日話したように、
フルサイズのデジタル一眼レフからミラーレス中判と
なってゆくと思われます。
 
ライブビューでじっくり撮るのであれば、
ファインダーは要らない訳ですしね。
 
GFXで「35mmフルサイズ」より「中判フォーマット」かも!?
 
 
現状のミラーレス一眼の唯一の課題であった、
「高速で動く被写体を連写で捉える」
というテーマも、ついに解決されつつあるようです。
 
 
オートフォーカスの正確性も、
構造的な観点から見ればミラーレス一眼に分がある訳で、
あとは電気的な処理速度がどこまで高まるか・・・、
スピード勝負を残すのみとなりました。
 
 
ミラーレス一眼やミラーレス中判に残された課題は、
システムとしての充実度と完成度、
耐久性・対候性やサポートも含めた信頼性と言えますね。
 
 
以前も話したように、
今度の東京オリンピックの頃には、
フィールドや競技会場のカメラマン席に、
デジタル一眼レフだけがずらっと並んでいる・・・
という今までの見慣れた光景とは違う
光景になっているのでしょう。
 
 
「デジタル一眼レフ」の終焉?!
 
デジタル一眼レフかミラーレス一眼か・・・それが問題だ!?
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
芦澤来斗


ミラーレス一眼カメラの電子シャッターで無音撮影

DSCF8554_w
 
 
正直、本意ではないんですよ。
 
機材系の話は・・・。
 
 
NIKON云々・・・
 
CANON云々・・・
 
フルサイズが・・・
 
APS-Cが・・・
 
デジタル一眼レフにミラーレス一眼・・・
 
 
その手の情報は星の数ほどネットに溢れていますからね・・・。
 
 
 
私が伝えたいのはカメラの話ではなく、
ライブステージを撮影するための実践ノウハウなんです。
 
その手の欲しい情報なくて本当に苦労したので・・・。
 
 
 
でも「写真」より「カメラ」を愛する?人口が圧倒的に多いので、
ネットを含めてどうしてもカメラ・・・それもボディーの
話に興味を持つ人が圧倒的に多いんですよね。
 
レンズの話ならまだマシですが・・・。
 
 
 
まあ、業界としても新製品が売れないと商売にならない訳で、
メーカーのスポンサー料で成り立っているカメラ雑誌で
取り上げられる新製品紹介記事では美辞麗句があふれて、
新製品の購買意欲を掻き立てている訳なんですが・・・。
 
 
 
フィルム時代と違ってデジタルになってからは、
カメラも耐久消費財になってしまい、フラッグシップの
ボディーを買っても2~3年で二束三文。
 
 
世知辛いですね。
 
 
 
いったいどれだけの人数が
本当に「写真」を撮っているのか・・・。
 
 
プリントもせずに、雑誌の製品レポートのまねをして
モニターの等倍でアラを探して喜んでいたり・・・。
 
新製品をいち早く手に入れて、
「開封の儀」から始まる自己満足と優越感の数々・・・。
 
 
もったいないですね。
 
 
 
そこにもってきて、
デジタル一眼レフの終焉を視野に入れながらの、
老舗メーカーの延命広報宣伝。
 
 
 
そんな情報ばかりなので、
本当に知りたい撮影ノウハウはほとんどなかったし、
そのためにどれだけ遠回りした事か。
 
 
 
 
いかんいかん、いきなり愚痴ってしまいました。
ごめんなさい。
(撮影後の打上から帰っていまこれを書いているので、
 正直少々アルコールが入っています(笑))
 
 
私のこのBlogでも、どうしてもカメラの話のほうが
圧倒的に反応が多いのでちょっと悲しいんですけどね。
 
 
 
タイトルにあるように、ミラーレス一眼に実装され始めた、
電子シャッターでの無音撮影についての話をしようと
思っていたのでした(笑)
 
 
電子シャッターでの無音撮影については、
いままでに何度かお話ししました。
 
電子シャッターによる無音撮影で、レコーディングも怖くない!?
 
騒音・静音・ぼく無音! ライブステージ撮影での電子シャッター
 
 
 
ライブステージ撮影ではこれは本当に助かる武器なのですが、
これですべてOKという訳にはいかないんです。
 
 
 
一つ目は
 
「撮った手応えのなさ」
 
です。
 
これは言ってみれば撮れる写真には関係ないとも言えるのですが、
「気分が乗ってこない」んですね、撮っていて。
 
ライブステージ撮影では百害あって一利なしの
「シャッター音」ですが、通常の撮影ではこれが意外に
撮影のリズムを作るのに必要だったりします。
「気分がのる」というのでしょうか・・・。
 
 
これは多分、撮影歴の長い人ほど感じるんだと思います。
 
いくらM型ライカのシャッター音が小さいといっても、
無音では気が抜けると思います。
 
 
使い始めた当初は、
 
「あれっ?! 本当に撮れてるの??」
 
と不安になりました。
 
初心者のように何度も背面液晶で確認しましたよ(笑)
 
でもこれは慣れるしかありません。
その代償としての恩恵が大きいですからね。
 
 
 
二つ目は
 
「ローリング現象」
 
です。
 
これは例えば早い動きを撮った時に「ゆがむ」現象です。
 
例えば、ドラムのスティック、和太鼓のバチ・・・。
 
グンニャリ・・・になります。
シナっているとかいうレベルでなくね。
 
携帯やスマホで早く動くものを撮って
経験したことがある人も多いと思います。
 
 
その現象の詳細や原因に関してはここでは話しませんので、
もし知りたければネットで検索してみて下さい。
 
「電子シャッター ゆがみ」
で検索すれば色々出てきます。
 
 
 
で、ライブステージ写真撮影では
「無音」で撮れるのはいいのですが、
撮る対象によってはこのユガミに注意しないとなりません。
 
 
シャッター音が気にならない場面でドラムや太鼓を撮る場合は、
瞬時に電子シャッターからメカニカルシャッターに戻して
撮影します。
 
それが無理な場合は、通常それらを狙うシャッタースピードより
あえて遅く設定し、腕やスティック・バチの動きを生かして
躍動感をとらえる表現に切り替えます。
 
それでも通常のスローシャッターとは違った、
ちょっと違和感のあるブレになりますが・・・。
 
 
初めてミラーレス一眼の電子シャッターで和太鼓を撮った時には
「アリャー!!」でした。
 
幸いリハーサルで事前確認できたので
本番では対処できましたけどね。
 
 
こればかりは私もまだ「生かして撮る」術を色々模索中です。
 
 
また新たな発見があったらメルマガでお伝えしますね。
 
 
今日は前置き(愚痴(笑))が長くなってしまってゴメンナサイ!
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


電子シャッターによる無音撮影で、レコーディングも怖くない!?

DSCF8140_450

 

スタジオでのレコーディング風景

 

 

CDジャケット用など、撮影の機会が結構あります。

 

 

これまでは、本番テイクの場面では写すことが出来ませんでした。

 

 

主に録音と録音の間での、
ミュージシャンの表情を捕らえていました。

 

場合によっては、
それも気になるから外してくれと言われる事もありました。

 

 

 

一眼レフの場合はミラー音とシャッター音がするので、
当然録音中はシャッターを切れません。

 

 

 

結局、ミキサールームからのガラス越しでしか撮れない・・・、
そんなケースもよくありました。

 

 

これはコンサート会場でも同じです。

 

静まりかえったシーンで
「カシャッ」とシャッター音を響かすなどご法度です。

 

たとえその瞬間に演者が素晴らしい表情をしていても・・・。

 

 

 

たまにそんなカメラマンにも遭遇しますが、
次の機会にはもう呼ばれてませんね(笑)

 

 

 

「ここ!」という瞬間でも、
シャッター音が障害になってグッとこらえる・・・
そんな瞬間は度々あります。

 

 

そして、そんな時こそ良い表情だったりするんですよね。

 

 

この「ガマン」は結構なストレスです。

 

 

 

 

 

 

そこで本題に入るわけですが、最近ミラーレスカメラに
電子シャッターが搭載されるようになりました。

 

メカニカルなシャッターではなく
電子制御で露光を調整させる機構です。

 

テクニカルな解説は他のサイトに譲りますが、
この電子シャッターのおかげで「無音撮影」が実現しました。

 

「ガマン」から解放されたのです!

 

 

 

レコーディングスタジオのブース内で、
音を気にせずにシャッターを切れるようになったのです。

 

 

 

この解放感は本当に気持ちの良いものです!

 

過去に「ガマン」を多く経験してきたカメラマンほど、
その恩恵に感激するでしょう。

 

 

 

 

 

先日のレコーディング撮影でも、

 

「芦澤さん、撮ってるんですか???」

 

と、レコーディングエンジニアに不思議がられました(笑)

 

無音撮影の説明をすると、

 

「へえ~、この手の撮影が多い芦澤さんには最強の武器ですね!」

 

と、私のカメラで試してみながら感心していました。

 

 

 

 

 

ただ私の場合、
この「無音」に慣れるまでに少し時間が必要でした。

 

 

最初は撮った実感が全く掴めませんでした。

 

「手応え」が無いんですね。

 

なんだか「スカッ」と抜けてしまう感じで、
なかなかリズムに乗れないというか調子が出ませんでした。

 

 

 

「本当に撮れたんだろうか??」

 

 

と不安感になるんです。

 

 

 

 

でも周りの音の強弱に気を遣わずに、
思った瞬間に自由にシャッターが切れる快感は、
それを超えるものです。

 

 

 

私にとっては無くてはならない武器になりました。

 

 

「手応えのなさ」にも慣れました。

 

 

 

もちろん、無音が必要でないケースでは
メカニカルシャッターで撮影しますけどね。

 

 

やはりシャッター音は気持ちの良いものですから!

 

 

 

 

 

あとは透明マントさえあれば最強なんですが・・・(笑)

 

 

 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 

芦澤来斗

Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ