「ハイ チーズ!」 恐怖の集合写真!?


20071222-121628-032_w
 
「はい! よろしいですかー?」
 
「Aさん1段降りてください」
 
「Bさんお隣と衣装の色が被っているので
 Cさんと入れ替わって下さい」
 
「Dさん背が高いので右端にお願いします」
 
「前の人に被らないように間あいだに立ってくださいね~」
 
「緊張しないで笑顔でお願いしますよー」
 
 
シャッター切るまでの道のりが長い・・・(汗)
人数の分だけ神経使います。
 
もちろん複数回シャッターを切りますが、
それでも誰かが目をつぶっていたり・・・
アッチを向いていたり・・・
 
これが子供の発表会だったりすると・・・
途方に暮れますね(笑)
 
プロの現場であれば、ポーズや笑顔を含めて
全員が分かっているので早いんですけどね。
(それはそれで皆の決め顔をあえて崩して
  新鮮な笑顔を引き出すようにするんですけどね)
 
 
私の場合はホールのステージ上が撮影場所になり、
客席に三脚とストロボを立てて撮ることがほとんどです。
 
ライブハウスなどでの数名の集合写真なら手持ちで撮ります。
ストロボもクリップオンひとつで。
 
 
ライブハウスでもそうですが、
特にホールでの集合写真の撮影にあたっては、
照明さんにステージ上の明りをもらう必要があります。
 
事前に主催者の方に集合写真の撮影の有無と、
撮る場合はそのタイミング(リハーサルの後とか)を確認し、
その旨を照明さんにお願いしておきます。
 
 駆け出しの頃、事前に伝えていなたっかために、
 いざ集合写真を撮ろうと出演者に集まっていただいたのに、
 ステージ上は薄暗く、しかも照明担当者は食事で不在!
 なんていう事もありました(涙)
 
大きなホールの照明担当者であれば、
「集合写真用に明かりをお願いします」
と頼めばだいたい通じるので話が早いです。
 
場合によって、照明を特別に凝って仕込んだ
特徴ある演出のステージの場合などは、
その照明を生かして撮ることもあります。
 
ホリゾント幕に印象的な影が演出されている場合などは、
それを取り入れて撮影したりするケースもあります。
 
もちろんその場合は、
どのシーンの照明にして欲しいか照明担当者に
お願いする必要がありますよ。
 
 
ですから同じホールでも、現場によって環境は変わります。
 
当然、出演者の人数や衣装によっても条件は違うし・・・。
 
 
 
あと私の場合はほとんどの現場は単独で1人ですので、
集合写真のための雛壇や椅子などを並べる準備は、
手伝ってもらわないと間に合いません。
 
リハーサル前後は時間に余裕がないのが通常で、
照明さんや舞台さんの手直し時間の合間を借りての
時間との勝負での撮影になりがちです。
 
時間が来たら、舞台袖に用意しておいた段や椅子を
速やかにステージに並べなくてはなりません。
出演者が少人数の場合は椅子を数本だけとかで済むので、
自分で並べることも可能です。
 
これが大人数になると
独りでやっていてはとても間に合いません。
舞台係さんやホール担当者に
協力をお願いすることになります。
 
場合によっては
出演者の方々に手伝ってもらったり!
 
 
とにかく照明さんはじめ、
ホールのスタッフの手を借りる場合は、
事前にお願いしておかなければなりません。
彼らにとっては「余計な仕事」なんですからね。
 
 
ゲネプロ後に集合撮影が予定されているケースなどは、
戦争状態になることもしばしば!
だいたいゲネプロはギリギリまで押すことが多く、
開場時間が迫っていることが度々あります。
 
出演者達も衣装のチェックや本番に向けての化粧などが
気になってピリピリしていますし、
ホールのスタッフ達は、開場までに終わらせなければならない
最終手直しを済ませてしまいたいとイライラしています。
 
 
そんな空気の中でテキパキとスムーズに
撮影を終わらせなければなりません。
 
初めの頃はこの緊迫した空気感にのまれて、
焦るがゆえに簡単なミスやドジをやらかしてしまい、
かえって時間が掛かってますます焦る・・・
なんていう苦い思いも何度か味わいました。
 
限られた時間の中で、
その辺りをスムーズに段取りしてこなせるようになると、
 
「おぬし・・・デキルな!」
 
となるのです(笑)
 
 
 
そしてどんなシチュエーションでも
 
「はい! チーズ!!」(と言うかは別ですが)
 
とシャッターを切る前に、
撮影する出演者たちを
 
 シラケさせず
 
 最高の笑顔にする
 
 短く簡潔で
 
 しかもウケる
 
話術を習得すれば怖いものなしです!!
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ