ライブ写真やコンサート写真撮影の第2ステップ


20030517-101033-BF9B0357_w
 
前にライブ写真の撮影を始めるきっかけについて話しました。
 
バンドをやっていたり、
ピアノやヴァイオリンを演奏している友人に、
ライブやリサイタルの撮影を頼まれたのが最初だった
というケースが多いと思います。
 
その初めの一歩でそれなりに撮れると、
 
 「ありがとう! 次回も是非お願いしますね。」
 
となって、数か月後とか翌年にまた頼まれて撮影する・・・
というながれ。
 
あなたにバンドをやっている友人が多ければ、
ライブ撮影の機会はもう少し増えるかもしれません。
 
また撮影した友人からの紹介で、
新たな撮影機会を得ることもあるでしょう。
 
 
最初のうちは殆どボランティアでの撮影だったのが、
もしかしたら「お礼」として少しばかりの撮影代を
受け取るようになっているかもしれません。
 
 
 
そうして何度か経験していくうちにその面白さに目覚めて、
もっとライブやコンサートの写真撮影をやりたい!
と思っていませんか?
 
近所の小さなライブハウスやギャラリーでだけでなく、
もっと大きなホールでのコンサートの撮影にも
チャレンジしてみたいとか・・・。
 
 
ただここで問題なのは、
街中でのスナップや風景写真などと違って、
ライブやコンサートの撮影は、
思い立ったらカメラを持って出かければ撮れる
という訳にはいかない・・・ということ。
 
そもそもの撮影チャンスが限定されますよね?
 
友人や知り合いが
ライブやリサイタルを開催しなければ撮れませんからね。
 
 
撮りたいけど機会がない。
 
ここで止まっていませんか?
 
 
ライブ写真やコンサート写真の撮影に
積極的に取り組むカメラマンが少ない要因のひとつは
そこにあるのかもしれません。
 
 撮りたくても撮る機会がない・・・
 
これって結構なストレスですよね。
 
 
知人のヴァイオリニストが
アマチュアの楽団に属していたり、
友人のダンサーが大勢が所属するサークルに
入っている場合などは、
そこから派生して撮影依頼がくるでしょう。
 
その場合は撮影機会は多少は増えると思います。
 
 
ただしその場合でも、
横の広がりは望めますが縦の展開は中々難しい
というのが実情です。
 
 
どういう事かというと、
アマチュアの演者の広がりはあくまでアマチュア・・・
という事なんです。
 
アマチュア楽団のあるパートの団員さんが
自主公演を開催する・・・。
 
友人のバンドが対バン組んで大きなライブハウスで演奏する。
 
ダンスサークルの中の数名が、
自分達の独自の創作ダンスを発表する。
 
 
「撮影の経験を積む」という意味では、
それらのチャンスも積極的に引き受けなければいけません。
大切な「場数」です。
 
 
ただしここでいう広がりとは、
あくまで横の広がりなんですね。
 
撮影対象があくまでアマチュアなんです。
 
場合によってはその中に指導者の「プロ」がいて、
それが縁で・・・ということは考えられますけどね。
 
 
このアマチュア対象の横の広がりを踏み台にして、
いかに縦の展開、「プロの現場」に入っていくかというのが
次のステップになります。
 
 
前に話しましたが、
撮影対象が「アマチュア」か「プロ」かで、
極端に言うと求められるものが違うんです。
 
プロを相手にする場合には、
「発表会写真」ではダメなんです。
 
キレイにソツなく撮れているだけでは、
次の指名はもらえません。
 
 
ここをどう乗り越えていくか・・・
このハードルをどうやって飛び越えるか・・・
 
これはケースによって、
あなたを取り巻く状況によっても変わるので、
「これが正解」ということはありません。
 
 
ただし、最低限の要素・・・ポイントはありますし、
そこに近づくための取り組み方というのはあります。
 
 
その辺りのノウハウは私のケースをもとに、
パターンごとにメールでお伝えしてゆきます。
 
ライブ撮影 被写体がプロかアマかで違うのです!
 
お遊びのライブ撮影ならそれでいいけどね(笑)
 
ライブコンサート撮影に取り組むには?
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ