ステージ撮影・ライブ撮影を依頼されるフォトグラファーとは?


 

_MG_0692_500

 

ステージ撮影やライブ撮影などをするにあたって、

あなたにしか撮れない写真とは何か?

 

自分なりのスタイルをどうやって確立するのか?

 

 

いわゆる「記念写真」や「発表会写真」「報道写真」とは違う、

「ステージ写真」「ライブ写真」「舞台写真」とは何なのか?

 

 

撮影を始めた当初、私も色々悩みました。

 

指導を仰げる知人や先達も周りにはいませんでした。

 

それに、ステージ撮影・舞台撮影・ライブ撮影などの分野の

情報は、一般的なカメラ雑誌や写真関連の書籍などには

ほとんど載っていませんよね。

 

 

それはこのジャンルの特性でもあるので仕方ないのですが・・・。

 

 

 

 

 

さて、最初に皆さんに質問です!

 

ステージやライブを撮影する時に、一番大切なことはなんでしょう?

 

 

 

カメラとレンズ?

 

 

確かにそれがなければ撮影できませんね (^_^;)

 

でも、高価な一眼レフで撮影された写真より、

スマホ(スマートフォンや携帯)で撮られた写真に

インパクトや感動を受けたことはありませんか?

 

もしかすると、あなたの隣でだれかがスマホや

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮った写真が、

その場の魅力をより強く表現しているかもしれませんよ。

 

 

となると、機材が一番大切な要素ではないことになります。

 

 

撮影機材に関しては、別の機会にお話しします。

 

 

 

撮影テクニック?

 

 

もちろん基本的な技術はあるに越したことはありません。

 

でも先のスマホ写真の例のように、

何も凝ったことを考えずに撮られた写真が

とても印象に残ったりします。

 

 

テクニックは、無いよりはあるほうが対応力が広がるので

武器にはなりますが、必須条件ではありません。

 

必要に応じて(迫られて)身についてくるものです。

 

 

私はある一枚の写真がきっかけで仕事として

撮影を依頼されるようになりましたが、

その写真を撮った時は、

テクニックなんてほとんど知りませんでした。

 

その分、

仕事として撮影を始めてから色々試行錯誤はしましたけどね f^_^;

 

 

 

 

 

答えは「好き」あるいは「想い」です。

 

 

ほかの要素も色々ありますが、まず「好き」になることが一番重要です。

 

 

たぶんこれがないと、だれが撮ったかわからない写真しか撮れません。

ただ「ソツなく綺麗」に撮れている写真。

(まあ、これを撮るのも大変なんですが・・・。)

 

ということは、あえてあなたに撮影の依頼が来ないということです。

 

 

他のカメラマンと特に違いがないなら、

わざわざあなたを指名してはもらえません。
もちろんここで言う「好き」は、恋愛感情の好きではありません。

 

「カメラが好き」でも「写真が好き」でもありません。

 

◆このバンドの曲が「好き」
◆この曲のこの部分の歌詞が「好き」
◆このギタリストが「好き」
◆このグループのダンスが「好き」
◆このヴォーカルの子の声が「好き」
◆このお芝居が「好き」
◆このシンフォニーのこの楽章が「好き」

 

ということです。
ようするに、撮影対象を「好き」になる・・・ということです。

 

 

とうぜん初めて撮影を行う相手のことは知りません。
でも「好き」にならないと、“伝わる”写真は撮れません!

 

「好き」になるためにはよく知らなければなりません。

 

 

これについても今後掘り下げてゆきます。

 

 

会場の興奮、ステージの熱気、ミュージシャンの息遣い・・・

 

その感動が伝わる写真を目指しましょう!

 

 

そして、あなたにしか撮れないスタイルをつかみましょう!

 

 





「ステージ撮り」登録
メールアドレス


 

 

芦澤来斗


カテゴリ:撮影の心得 

Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ