いよいよ「デジタル一眼レフ VS ミラーレス一眼」が本格化!?


dscf1878_w

 
 
最近、ミラーレス一眼の新機種発表が続いています。
 
特にC社がやっと本気?のミラーレス機を発表したことで、
ますます今後の動きから目が離せなくなってきました。
(と言ってもまだまだC社は出し惜しみ感はありますけど・・・(笑))
 
 
今までも何度か「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」に
関しては書いてきました。
 
「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」
 
「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」
 
「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
 
OVFかEVFか…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
 
 
 
一眼レフの老舗メーカーが、自社のジレンマを
どう克服するのか・・・
 
その間に、障害となるレンズ資産のないメーカーが
どこまで頑張るのか・・・
 
 
まだまだ目が離せないし、楽しみでもあります。
 
 
 
読んだ方も多いかもしれませんが、
Amazonにこんな記事があります。
 
FUJIFILM 上野隆さんに聞く、「FUJIFILMがフルサイズ一眼を作らない理由」
 
 
メーカー事情がよく分かりますね。
 
富士フイルムが「APS-C」の次は「フルサイズ」ではなく、
「ミディアムフォーマット」に取り組むのが、
ある意味象徴的と言えると思います。
 
以前にも書きましたが、
 
「EVF」より「OVF」の自然な見え方
 
まだ若干一眼レフ系が優位なAF速度
 
信頼性・耐久性(イメージの部分も大きいですが)
 
 
などなど、
まだ「デジタル一眼レフ」が生き延びるポイントは
ありますが、技術の進歩は日進月歩ですから、
その差は急速に埋まりつつあります。
 
そして「ミラーレス一眼」の優位性が認知されてくるにつれて、
その勢力図は急激に変わりつつあります。
 
 
一番大きな壁は「イメージ」「憧れ」かもしれません。
 
 
いつかは「クラウン」ではありませんが、
写真を趣味とする方々の
「デジタル一眼レフのフラッグシップ機」への憧れは
強いものがありますからね。
 
また報道系のように、
メーカーがフルサポートしている業界では、
老舗メーカーほど、現有資産(レンズ群)を
守らなければならないので、
「デジタル一眼レフ」に力を入れるでしょうし、
結果として、露出度がまだ維持されているので、
カメラに興味のある人はそれを見て、
 
「プロはデジタル一眼レフのフラッグシップ機」を使っている!」
 
というイメージが出来上がる訳ですね。
 
 
 
実際にはフリーカメラマンの間では、
徐々に「ミラーレス一眼」が広がっています。
 
全面的に乗り換えるケースはまだ少ないかもしれませんが、
TPOに合わせて「ミラーレス一眼」を使うケースは
確実に増えていますしこの流れは勢いを増しています。
 
 
「重厚長大」
 
「いつかはクラウン」
 
「大きいことはいいことだ!」
 
これらの言葉が死後になったように、
 
「デカイ」「重い」「高い」
 
カメラ・レンズが
「良い写真を撮るためには必要」
(ここで言う良い写真とは画質の事。
 写真として価値があるかは別の話です)
という構図は成り立たなくなりました。
 
 
その意味では、
選ぶ私達からすれば、目的によっての選択肢が増えて、
嬉しい状況になってきましたね。
 
 
写真にあまり詳しくないクライアントに
ハッタリを効かせる必要がある場合は、
デジタル一眼レフのフラッグシップ機が
良いでしょうけどね・・・(笑)
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ