ファインダーは【OVF(光学ファインダー)】?? 【EVF(電子ファインダー)】?? どっち?



 
ファインダー(正式には“ビューファインダー”)と言っても、
カメラのタイプによって様々な種類があります。
 
その中で[一眼タイプ]のカメラのファインダーには、
大別して下記の2種類があります。
 
 
「光学式ファインダー(OVF:Optical View Finder)」
 
 [デジタル一眼レフ]のファインダーで、
 字のごとくレンズから入ってきた【光】を
 直接見るタイプのものです。
 
 [レフ]という鏡によって、レンズから入ってきた【光】を
 ファインダーとセンサーに切り替えて届けます。
 
 通常[レフ]はファインダーに【光】を導き、
 シャッターが押された瞬間に[レフ]が上がり(ミラーアップ)、
 【光】がセンサーに届きます。
 
 このため、撮影の瞬間にはファインダーに【光】が導かれず、
 ファインダーが真っ暗になります。
 これが“ブラックアウト”と呼ばれる現象です。
 
 
「電子式ファインダー(EVF:Electronic View Finder)」
 
 [ミラーレス一眼]のファインダーで、
 ファインダー内に組み込まれている小さな液晶画面の像を
 レンズで拡大して見るタイプのものです。
 
 レンズとセンサーの間に[レフ]がなく、
 レンズから入った【光】は常時センサーに届く状態です。
 
 電気信号に変換された【光】情報が、
 ファインダー内の小さな液晶画面に表示されるのです。
 
 ですから原理的には“ブラックアウト”は生じません。
 ですが、現状では電気的処理スピードの関係で
 実際には電気的に“ブラックアウト”が生じますが、
 最新機種ではほぼ問題ないレベルになりつつあります。
 
今後シャッターが[グローバルシャッター]になった段階で、
完全に“ブラックアウト”からは解放されます。
 
 
ネット上で『ミラーレス一眼レフ』という記述を
よく見かけますが、上記の通り[ミラーレス一眼]に
[レフ]はないのでこの言い方は誤りです。
 
そもそも“ミラーレス”とは“レフ(ミラー)”が無いという
意味ですからね(笑)
 
 
 
実際の使用感に関しては、
 
“目に優しい”のは[OVF]
 
“機能的に優れている”のは[EVF]
 
と言えます。
 
 
OVF(光学ファインダー)かEVF(電子ファインダー)か…ファインダーはやはりOVFが気持ちいい!けど・・・
 
 
例えれば、
[OVF]は窓から景色を見ている感じで、
[EVF]は景色をカメラを介して液晶テレビで見ている感じ、
とでも言えるでしょうか。
 
やはり窓越しの方が気持ち良いですよね?
 
 
実際にライブ撮影などで、数分間続けてファインダー越しに
被写体を見続ける場合などは、やはり[OVF]の方が目が楽です。
 
ただ[EVF]も日進月歩で進化しているので、
現状ではほとんど気にならないレベルにはなってきています。
 
 
[視野率]や[倍率]など他の要素もありますが、
[EVF]が撮影現場で使えないから[デジタル一眼レフ]を選ぶ・・・
という段階は過ぎたと言えます。
 
通常の撮影では[EVF]でほとんど問題ないでしょう。
 
[EVF]ではファインダーで[露出]や[被写界深度]、
[各種効果]が撮影時にリアルタイムで確認できるので、
機能的に優れていますし、
先ほどの“ブラックアウト”も克服されつつありますから、
数年後には“ファインダーと言えばEVF”が
当たり前になるでしょう。
 
ということは、
数年後には[デジタル一眼レフ]より[ミラーレス一眼]が
主流となることは明白です。
 
 
そこには、カメラメーカーの思惑や政治的な要素、
カメラ歴の長いユーザーの意識や慣習が絡むので、
そう簡単に移行しないとは思いますけどね。
 
 
ただ
 
[デジタル一眼レフ]から[ミラーレス一眼]への潮流…
 
これを止めることは誰にもできないでしょう。
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ