ライブ写真撮影のレンズ選び


 
 
『大三元が必須でしょ!』
 
『小三元でもいけるよ』
 
『やっぱり単焦点だね!』
 
 
ライブ写真、コンサート写真、舞台写真などの
撮影で共通する事とは…
 

  • 屋外に比べて暗い被写体となる
  • 撮影スペースがかなり限定される
  • あまり動き回れない
  • シャッター音など“音”に気を使う
  •  
    主にはこんな感じでしょう。
     
     
     
    そんな環境でのライブ撮影では、
    どんなレンズがいいのでしょうか?
     
    【大三元】と数本の単焦点があればOK。
     
    そう言ってしまえばそれまでなんですが…。
    そう勧めているサイトも多々見受けられますけどね。
     
     ※そもそも『大三元』『小三元』とはなに?
     
      大三元:解放F値が2.8のズームレンズ(広角・標準・望遠)
      小三元:解放F値が4.0のズームレンズ(広角・標準・望遠)
     
      元々はキヤノンのレンズで言われていた言い方ですが、
      今はニコンでも使われますね。
      詳しくはネットで検索してもらえれば、
      いくらでも出てきますのでそちらで…。
     
     
     
    それだと話が終わってしまうし(笑)、
    皆がそう簡単に揃えられるわけではないと思うので、
    もう少し現場別に考えてみましょう。
     
     
     
    ライブハウス(ロック・ジャズ・ポップス系)
     

  • 照明は暗めでそれ程ころころ変化しない
  • 撮影場所は限定され狭い
  •  
    撮影場所にもよりますが、
    客席脇や舞台目前などで撮る場合は、
    広角と標準か準望遠の2本が基本となります。
     
    出来れば“F2.8”は欲しいですが、
    高感度に強いカメラの場合は“F4.0”でも
    何とか対応できるでしょう。
     
    ズームが必要か単焦点でいけるかは、
    同程度のキャパのライブハウスでの撮影が多いのか、
    その都度規模が違うかによりますね。
     
    撮影場所からステージの距離がある程度決まっていれば、
    単焦点の方が機動力は上がります。
    価格的にも手頃で明るいレンズが手に入ります。
     
     
     
    小ホール(ダンス・芝居)
     

  • 照明は暗く目まぐるしく変化する
  • 撮影場所は少し余裕がある
  •  
    ダンスや芝居系では、基本的にとにかく
    照明が暗くて変化が激しい場合が多く、
    しかも演者の動きが速いので
    シャッタースピードは高速に保つ必要があります。
    ですから、レンズは出来る限り明るくないと
    厳しい場合が多いでしょう。
     
    この場合はやはり“F2.8”は必要でしょう。
    “F2.0”以上であれば楽です。
     
    ズームか単焦点かはライブハウスの場合に準じます。
     
     
     
    ホール(クラシック・バレエ系)
     

  • 照明は基本的に明るく一定
  • 撮影場所はケースによる
  •  
    特別な演目を除き照明は明るめで安定しているので、
    “F4.0”程度でも対応できます。
     
    ただ撮影場所が客席最後部からに限定される場合は、
    望遠がないと演者をアップで捉えられません。
    会場の大きさにもよりますが、
    300mm程度の焦点距離が必要になります。
     
    三脚に望遠と標準の2台を
    セットすることになるでしょう。
     
     [APS-C]にサンニッパ
     [フルサイズ]に標準ズーム
     
      私の場合はそのペアが多いです。
     
    客席両サイドの通路などを動ける場合は、
    単焦点でも対応可能です。
     
    ただしくれぐれも演奏中にやたらに動き回って、
    お客様の目障りになることは厳禁です!
     
    “シャッター音”に一番気を使う現場ですね。
     
     
     
    代表的な例を考えてみました。
     
    これが野外のイベントやコンサートとなると、
    また変わってきますし、昼と夜でも違いますからね。
     
    野外でも、夜の場合は上記に準じます。
     
     
     

  • ステージまでの距離
  •  

  • 照明の具合
  •  

  • 演者の動きの速さ
  •  

  • 自分のカメラ
  •  
    上記の要素を鑑みて、
    必要な最も使用頻度の高そうなレンズから
    揃えてゆくことになると思います。
     
     
    これはカメラボディーにも言えますが、
    最初の頃は“何でも新品”で考えてしまいがちです。
     
    でも中古市場に目を向けると、
    意外に手に入れ易いものですよ。
     
    無理して新品レンズを1本買うなら、
    中古で2本買う方が対応力は上がることもあります。
     
    ただしあまり古いフィルム時代のレンズは、
    デジタルだと問題がある場合がありますから、
    その辺りは情報収集して気を付けてください。
     
     
    『レンズ沼は楽しいけど怖い・・・(笑)』
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    Profile
    人気記事
    カテゴリー

    ページの先頭へ