ライブ撮影に向けてのレンズ選び(基礎編)


13s-005_w
 
 
「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」、
ボディーに関しては今まで何度かお話ししました。
 
 
「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
 
「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」
 
「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」
 
「フルサイズ」か「APS-C」か!? 「フルサイズ」神話
 
 
 
「デジタル一眼レフ」でも「ミラーレス一眼」でも、
正直言ってボディーよりレンズが重要なんです。
 
カメラに興味を持ちだした初期の頃は、
どうしてもボディーに目が向きますよね?
 
憧れもありますしね(笑)
 
デジタル一眼レフ フラッグシップ機への憧れ
 
 
ところが写真の出来を左右する要素の
大きな部分はレンズが占めます。
 
メーカーのフラッグシップのボディーに、
お手軽レンズを付けて撮影した写真と、
入門用のボディーに最高級のレンズを付けて撮影した写真では、
明らかに後者に軍配が上がります。
 
最近は特に入門用のボディーでも、
撮像センサーに関しては中級機と同等のカメラが殆どです。
 
連写速度や耐久性を除けば、
極端に言えば思うほどの差はありません。
 
ボディー性能がネックで撮れない写真より、
レンズ能力がネックとなって撮れない写真の方が
圧倒的に多いんです。
 
 
 
ですから、
写真が分かってくるとレンズが気になりだします。
 
よく「レンズ沼」と言われる、
楽しくも底なしの世界にハマっていくんです・・・怖い!
 
「ボディー沼」は聞いたことがありません。
コレクターは別ですけどね(笑)
 
 
ボディーは消耗品!
レンズは一生?モノ!
 
なんです。
 
 
 
レンズ選びは楽しくもあり、悩ましくもあります。
 
もちろん、「このレンズ」でないと撮れない!
というケースもありますよ。
その場合は悩まなくて楽?ですね。
 
 
さてライブ撮影に向くレンズですが、
最も重要なポイントは「明るさ」です。
 
「明るさ」とはレンズが取り込める光の量です。
「F値(エフチ)」という数値で表されます。
「絞り値」とも言います。
 
レンズ本体やカタログなどに載っている
「F2.8」とか「F4」の事です。
  
この数値が小さいほど「明るい」ことになります。
 
ですから上記の2つのレンズでは、
「F2.8」のレンズの方が「F4」のレンズより「明るい」んです。
 
この辺りをより詳しく知りたければ、
この手の内容を解説しているサイトは星の数ほどありますから、
そちらを参考にして下さい(笑)
 
 
 
で、「明るい」レンズが良い!となるのですが、
ここでネックとなる問題があります。
 
明るいレンズは
 
「重い」「デカイ」「高い!」
 
んですよこれが・・・。
 
ズームレンズでは特に顕著です。
 
 
ライブ撮影では「F2.8」は欲しいです。
ズームならガマン!して「F4通し」というところ。
「F4通し」とは、広角側も望遠側もF値が変わらず
一定という意味です。
ズームでも「F2.8通し」を持てれば理想です。
 
 
時間のある時にでも、
上記の条件のレンズをネットで調べてみて下さい。
 
単焦点レンズ一本だけなら買えそうですが、
この条件で単焦点もズームも一通り揃えるとなると、
車が買えてしまう位の金額にになってしまいますよね!
 
 
いかに自分の撮影に必要なレンズを予算内で選ぶかが、
楽しくもあり悩ましい作業になります。
 
また、大きなホールがメインのフィールドか、
小さなライブハウスが中心かによって、
必要なレンズは変わってきます。
 
理想的には広角・標準・望遠の3本の単焦点レンズで、
カバーできればいいんですが・・・。
 
決まった箱(ライブハウス)で、
決まったポジションからの撮影が目的なら、
それに合った焦点距離の単焦点レンズが決まるでしょう。
 
でも実際のライブ撮影では、
現場によってステージの広さ・撮影場所からの距離・角度などが
そのつど変わります。
同じ箱でもバンドの編成によっても変わりますよね。
 
ですので、ズームレンズの方が現場対応力は上がります。
 
単焦点一本で、後は自分で動き回って対応する!
これはこれでストイックでカッコいい!し、
撮影に真剣に取り組み腕を磨くには良い方法です。
 
ただ実際には動き回れなかったり、
なかなか望むポジションは取れないことがほとんどです。
 
その点ズームレンズであれば、
ある程度の制約はカバーすることが可能です。
 
取り敢えずの最初の一本は、
「明るいズームレンズ」をお勧めします。
 
ただしここにはハードルが!!
 
「明るいズームレンズ」=「重い」「デカイ」「高い!」
 
んですよこれが・・・。
 
まずは中古のレンズを探してみるのも手です。
 
 
 
どのレンズが自分に合うのかは
実際には使ってみないと分からない点も多いと思います。
 
そんな時は、メーカーのサービスステーションの
レンズのレンタルを利用するのもお勧めです。
1・2日であれば手頃な金額でレンタルできるので、
興味あるレンズを借りて使ってみるのがいいと思いますよ。
 
私も新しいレンズなどはレンタルして確認します。
 
 
レンズの話は尽きませんね(笑)
 
 
これから打合せなので、
今日はこのへんで・・・。
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ