デジタル一眼レフ フラッグシップ機への憧れ


_MG_5153_500

 

 

「デジタル一眼レフ」の「フラッグシップ機」には憧れますよね?

 

 

「フラッグシップ機」に白い望遠レンズ。

 

いつかは手に入れたいと思う気持ちわかります。
私も実際に使っていた時期があります。

 

 

手ぶれ補正付の「サンニッパ(300mm/F2.8)」を装着して、
手持ちで振り回しているのがトレードマークにもなっていました。

 

「フラッグシップ機」にはもちろんその価値があります。

 

*信頼感

 

*ボディーの堅牢性

 

*シャッターの耐久性

 

*連写速度

 

その他AF(オートフォーカス)の速度や精度、
最新の測光性能などにも魅力はあります。

 

ライブ撮影、舞台撮影においても、
確かに上記の特徴が役立つケースはあります。

 

 

予算に十分な余裕があるのなら、
手に入れるのもいいでしょう。

 

 

 

ただし、大きな欠点(問題)?があります。

 

それはその

 

「大きさ」 と 「重さ」 です。

 

 

三脚を使って固定で撮る場合は問題になりませんが、
別のところでも語ったとおり、
それでは派遣カメラマンと変わらない写真しか撮れません。

 

動き回って「手持ち」で撮る場合、
1ステージで約2時間、ほとんど持ったままです。

 

リハーサルやゲネプロも入れると、
半日以上持っていることもしばしばです。

 

その場合、この重さが堪えます。

 

 

撮影後は肩や背中が思いっきり筋肉痛です(笑)

 

ひどいときは、楽しみにしていた打上で、
生ビールのジョッキを持ち上げるのも苦痛になるほどです。

 

 

そして実際にそれに見合うメリットが有るかというと、
正直疑問を持たざるを得ません。

 

 

舞台撮影ではまず「連写」は使わないのでなおさらです。

 

スポーツ撮影など、ケースによっては「快感」の連写の音は、
舞台撮影では「害」でしかありません。

 

「大きい(目障り)」「うるさい」はご法度です!

 

 

さらに最近のデジタルカメラの高感度特性の進化があります。

 

舞台撮影では「連写速度」より「高感度特性」のほうが
はるかに重要です。

 

ミラーレス一眼も含めて、最近のデジタルカメラの高感度時の
高画質化は急激に進歩してきています。

 

1・2年前のフラッグシップ機よりも最新の普及機の方が、
高感度の画質が優れているという逆転現象が頻繁に起こります。

 

 

そのような状況の中で、高額なフラッグシップ機を
無理して導入して、長く使い続ける意味が残念ながら
薄れているのが現状です。

 

*小さくて目立たず

 

*軽くて(軽すぎてもNGですが)

 

*高感度画質に優れて

 

*シャッター音が限りなく小さい(無音が理想)

 

そのようなカメラが最適ですね。

 

 

 

友人のカメラマンとも冗談で、

 

「フラッグシップ機のメリットは、
クライアントにハッタリが効く! くらいだね~」

 

なんて話します。

 

 

でも、あながち冗談ではないのが現実です。

 

 

「関連記事」

 

「フルサイズ」か「APS-C」か!? 「フルサイズ」神話

 

「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」

 

「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」

 

「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い

 

 

 

最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 

 

芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ