電子シャッターの無音撮影は武器となるか!?



 
静まりかえったホール
 
ピアニストが全身全霊を掛けて
大切な1音に指を降ろそうとしたその瞬間
 
  カシャッ!
 
 
張り詰めていた会場の空気が一気に緩む。
まるで空気が抜けていくように。
 
 
 
天から降り注ぐ光の柱
 
それに向かって祈るように手を差し伸べて
天を仰ぐ役者。
その想いがまさにピークになろうとした瞬間
 
  カシャッ!
 
異次元だった空間が、
一気にただの芝居小屋の舞台に戻る。
 
 
 
そんな場面に何度も遭遇したことがあります。
 
アマチュアのステージでは度々ありますが、
プロの現場でもあるんです。
 
 
これって、
[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]で
無音撮影どうのこうの以前の話ですね。
 
 
 
アマチュアのステージでは、
ある意味仕方ないか・・・と流せます。
 
出演者の親族・知人が頼まれて
撮っているんですからね。
 
現場の[お作法]も[シキタリ]も何も
知らない訳ですから無理もないんです。
 
[シャッター音]を響かせる以前に
[フラッシュ]光らせたりしますから(笑)
 
あまりにひどい場合は、主催者に代わって
注意することもありますけどね。
 
 
 
でも、許可を得たカメラマンしか撮影できない
ような現場でこれやられると非常に頭にきますね。
 
それなりのステージでもたまにあるんですよ。
メジャーな出演者がいるような現場でも。
 
たいていは[報道系]のカメラマンですね。
 
最近はだいぶマシになってきましたが、
テレビ局や新聞社が横暴なことが多かったです。
 
 “撮りに来てやってる”感
 “取材してやってる”感
 
丸出しで、無礼というか舐めているというか・・・。
 
出演側も心得ているベテランの現場では、
その辺りの[トラブルの種]を心得ているので、
裏方含めスタッフ一同に事前に連絡があります。
 
 「申し訳ないけど、
  今日はTV取材入るから、
  何かあればすぐに教えてください」
 
という感じですね。
 
 
これが出演者側も
(出演者というより事務所やマネージャーなど取り巻き)
TV取材に慣れていなかったり、
まして取材されることに舞い上がっていたりすると、
色々起きるんですよ、本番中とかにね。
 
 
 
話しが[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]から
だいぶ飛躍してしまいました・・・。ゴメンナサイ!
 
 
そして冒頭のようなシーンですが、そんな瞬間こそ、
演者が最高の表情をしているんです。
 
でも今までは条件反射的にシャッターを
切りそうになるのをこらえていました。
 
でもその後も[その瞬間の表情]が脳裏に残ります。
 
“最高の瞬間だったなー”と・・・
 
そのストレスから解放してくれたんです。
[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]がね。
 
この“解放感”は、少なくともステージを撮る
私にとってはとても大きなものです。
我慢しなくてよくなりましたからね。
 
 
こちらが我慢している瞬間に、
「カシャッ」とシャッター切った音がすると、
本当に腹が立つんです。
 
まあそれがフリーのカメラマンだった場合には、
何度かそれがあると、いつの間にか
現場では見掛けなくなりますね。
 
そんな神経では呼ばれなくなりますから。
 
写真の[技術]や[腕]以前の、
デリカシーの問題ですからね。
 
 
これは鉄道の運行を妨げる[撮り鉄]も、
立ち入り禁止の花壇にズカズカ入っていく
自称カメラマンも同じですね。
 
 
私はかねがね、
ライブやコンサートや舞台の会場には
カメラマンなんて居ないのが一番良い・・・と
言ってきました。
 
演者・演出の妨げになってはならないのは勿論ですが、
入場料を払って来場している観客の邪魔になるのも
[ありえない]ことだと思っています。
 
 
そんな私にとっては、
[ミラーレス一眼]の[電子シャッター]での
無音撮影はとても強い味方です。
ストレス解消ツールのひとつです(笑)
 
 
これも何度か話しましたが、
[音]が消せた今、欲しいものはヒトツ!
 
 
 
 透明マント
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ