悩めるコンパクトカメラ(コンデジ)選び


dscf1494_w
 
 
ライブ撮影に向けては、
ファインダー付の「デジタル一眼レフ」や「ミラーレス一眼」が
必要だとお話ししました。
 
ライブ撮影ではファインダー(OVFでもEVFでも)は必須!
 
カメラを新しく手に入れたり使い慣れるまでは、
なるべく絶えず持ち歩いて、
日常生活の中で目に入ったり気になったものを
ドンドン撮りながら、カメラが身体の一部になるくらいまで
使い倒す必要があります。
 
 
楽器でもよく言われますよね?
 
「上達のためには毎日5分でもいいから触ること!」
 
それと同じことです。
 
 
 
それとは別に、本当に日常生活の延長線上として、
いつでもどこでも一緒に居れる相棒的なコンパクトカメラが
あるのは楽しいものです。
 
「スマホでいいんじゃない?」
 
確かにそれもいいんですよ。
スマホでも人に訴えかける写真は撮れます。
 
でも、ライブステージの撮影を目指すのであれば、
カメラ目線での物の見方・感じ方を養う意味でも、
絞りやシャッタースピードなどの基本を身に付けるためにも、
できればカメラを持ち歩いてほしいですね。
 
 
その意味では、一口にコンパクトなデジカメといっても、
フルオートでしか撮れないカメラや、
各種設定がやり難い機種は避けた方がいいでしょう。
 
言ってみればマニュアル操作がやり易いカメラが望ましいですね。
 
これが意外と少ないんですよ。
絞りやシャッタースピードの変更、感度設定がやり易い
コンパクトカメラ。
 
 
かく言う私も、
これまでに結構とっかえひっかえしてきました(笑)
 
Ricoh GR Digitalなんかを筆頭に・・・。
 
 
機能を求めるとコンパクトさが失われたり、
サイズを重視すると操作性が損なわれたり・・・。
やっぱりファインダーが欲しかったり・・・。
難しいところです。
 
この辺りはそれぞれ人によっての好みの問題もあるので、
一概に「これがベスト」とは言いにくいですね。
 
 
普段使いで使い倒すことを考えると、
少々の傷など気にしないで持ち歩けるように、
型落ちの中古も一考の価値があります。
 
 
 
でも持ち歩くことを考えた場合、
案外一番大事なポイントは、
 
「デザインが気に入っている!」
 
だったりします。
 
 
「機能優先でデザインなんて気にならない!」
 
というストイックな人もたまには居るかもしれませんが、
やっぱりイマイチ気に入らないデザインの物は、
どうしてもいつも持ち歩きたくはなくなりますよね?
 
気に入ったデザインのコンパクトカメラに、
お気に入りのストラップを付けて・・・。
愛着がどんどん湧きますよね!
 
 
気に入ったカメラがあれば、
持ち歩く機会も増えて、撮影回数も増えて、
色々な局面での対応力も養えて、
経験値がストックされていきます。
 
絞りやシャッタースピード、感度なども色々変えてみて、
違いを知ることもできるでしょう。
 
 
写真上達の第一歩は「撮影枚数」に比例しますからね。
 
 
気に入ったコンデジが見つかるといいですね。
 
 
 
もちろん、
ライブ撮影で使うメインのカメラを
気合!!で常時持ち歩いてもいいんですよ(笑)
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ