ライブ・ステージ写真撮影では、曲間にこそシャッターチャンスが!


 
ライブ写真やステージ写真の撮影では、
本番よりもむしろリハーサルやゲネプロの時が大切だし
勝負!!だという話は何度かしました。
 
 
事前にステージのセッティングリストや進行表を受け取って、
おおよその状況を想定して現場に行っても、
本番に向けての手直しや現場対応で変わることのほうが
多いのが実際にところです。
 
それに伴って、撮影ポイントや撮影場所、アングル、
カメラのセッティングも変わってきます。
 
 
本番直前に会場に入っていきなり撮影を開始するというのは、
リスクが高いというよりも、その程度の姿勢で撮れる写真は
たかが知れていると言ってもいいでしょう。
 
 
その辺りの基本的なことは、以前の記事を参考にして下さい。
 
 
リハーサル・ゲネプロで決まる!? ライブステージ撮影
 
ステージ撮影・ライブ撮影では、リハーサル・ゲネプロが勝負!?
 
 
今日お伝えしたいのは、
リハーサルやゲネプロでの撮影のちょっとした[ツボ]です。
 
 
リハーサルやゲネプロでは、
本番では撮れない写真を狙うわけです。
 
許可が出れば、
ステージに上がって出演者の間近から撮ったり、
クラシック系であれば、本番では後ろ姿しか撮れない
指揮者の表情を捉えたりします。
 
客席後方のピンに照らされてシルエットとなった
ボーカリストの後ろ姿をステージから客席に向かって撮ったり…、
色々なことを試すことが出来ますし、普段あまり目にしない
アングルでの写真をモノにできたりするわけです。
 
 
 
そうやって本番ではとても捉えられない写真を
撮る味・面白さを知ると、本番よりもリハーサルや
ゲネプロでの撮影の醍醐味にハマってゆきます(笑)
 
 
今日お伝えしたい[ツボ]は、
そのような場面でのポイントのひとつです。
 
 
リハーサルやゲネプロで
ステージ上などで夢中で撮影していると、
いつしか出演者と意識が同期して来ます。
 
同じ空気感と時間の流れに同調して、
一緒に演じているような錯覚に陥るくらいに。
 
これは私がもともと音楽をやっていたから
余計にそうなるのかもしれませんが、
経験のない芝居やダンスでも同じ感覚になります。
 
 
そうすると、
例えば曲と曲の間であったり、
演出の調整で曲中でストップしたりした場合、
撮影しているこちらも「ホッ」として一息つくんです。
 
息をつめてファインダーを見続けていた緊張感が
フッと途切れるんですね。
 
それは仕方がないんですが
(そうでなければ緊張感は続きませんし倒れます(笑))
 
休憩時間になった時も同じです。
 
こちらも出演者と一緒に
「フ~やれやれ、やっと休憩だー」
とホッとします。
 
 
そんな時が実は[ツボ]なんです。
 
ホッとした出演者の表情、
意見を交わすメンバー、
照明スタッフと微調整を相談しているバンマス、
緊張感から解放されてふざけている団員たち、
進行や段取りを確認している指揮者と演出家…
 
どれもその時の現場の空気を伝える
捨てがたい瞬間・表情に満ちているんです。
 
 
ですから、出演者と一緒に「やれやれ」とホッとしている
ヒマはありません。
 
そんな時は、
そこら中にシャッターチャンスが溢れているんです。
 
 
演奏していない、歌っていない、踊っていない
そんな瞬間にこそ、出演者個々人の個性や性格や想いが
素直に現れるんですね。
 
 
内容に関してケンカ腰で議論を交わしている場合も
あるかもしれません。
 
 
全てが得難い現場写真になります。
ドキュメントですね。
 
 
ですから局と曲の間、中断した時、休憩に入る時…
気を抜かずに周りを見渡しましょう。
 
きっといい表情をしている顔がたくさん見つかりますよ!
 
 
 
終演後も同じですよ!
 
さっさとカメラを片付けようとしているそこの君!
機材の撤収はまだ早い!
 
ステージ撮影 終演後はホワイエ(ロビー)に急げ!!
 
 
 
芦澤来斗


写真撮影の基礎の再確認や気付きに役立つ便利な本

DSCN0146_w
 
私が発信している「ステージ撮り」メールへの返信で、
数名の方から写真撮影の基礎に関する質問が寄せられました。
 
各種の写真用語についてはネットで検索すれば直ぐに見つかりますが、
コツやポイントに関する疑問が調べられずにいる・・・
という内容が結構な数ありました。
 
もともと私のBlogはかなりコアな内容ですので、
初心者の方々には読まれていないだろうと思っていました。
 
ところがライブやコンサートなどの撮影に憧れを持っていて、
これから真剣に取り組もうという意思で読んでいただいている
カメラマンの卵もかなりいてくださることが分かりました。
 
本当に基本的な撮影講座はネット上にも多数ありますから、
いまさら私の出番はないと思いますが(笑)、
それを踏まえた上でのポイントは折に触れて語ってゆきますね。
 
 
ただ今後のメールの内容についてきていただくために、
基本的なことは分かっていて欲しいので、
そんな方に便利な書籍を紹介します。
 
(撮影テク早見表付) 完全版 写真がもっと上手くなるデジタル一眼撮影テクニック事典101+
 
話題になったベストセラーの改訂版ですので、
旧版も含めればすでに持っている人も多いかもしれません。
 
「101」が「101+」になり、内容が最新に更新・追記されて
版もひとまわり大きく見やすくなりました。
 
「101」を持っている人はわざわざ買い換えなくても大丈夫ですよ!
「101」は持ち歩くのに便利ですからね。
 
 
この本はなにも初心者だけに役立つものではありません。
ベテランのカメラマンでも、気付かぬうちに自分流が沁みついてしまい、
撮影スタイルがパターン化する傾向にあります。
それが進むと「煮詰まり」になるんですね。
 
そんな時の気分転換になりますし、
パラパラと見ていると忘れていたポイントに
あらためて気付いたりできます。
 
そうそう! 今度これで撮ってみよう!
 
という感じです。
 
 
私も新旧版を傍らに置いてます(笑)
 
写真好きなら、一家に一冊!(笑)
 
 
姉妹書として「構図」に関する下記もあります。
 
(構図テク早見表付) 完全版 写真がもっと上手くなるデジタル一眼構図テクニック事典101+
 
こちらはもし余裕と興味があれば読んでください。
でもまずは「撮影テクニック事典101+」が先ですよ!
 
欲張っても消化不良になりますし、
本だけ読んでいても上達しませんからね(笑)
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
 
芦澤来斗


タグ: 

カテゴリ:etc 技術・ノウハウ 

「ライブ写真撮影 はじめの一歩」

20040522-210833-BF9B1778_w
 
友人からの連絡
 
「〇〇君さ、いいカメラ持ってるでしょ?
 今度のXX日に僕らのバンドのライブやるんだけど、
 写真撮ってくれないかな~?」
 
こんな連絡をもらって撮影に行った。
 
あなたが初めてのライブ写真撮影を経験した
キッカケはこんな感じではなかったでしょうか?
 
 
まず初めに言葉の定義をしておきます。
 
 ここで言う「ライブ」とは、
 ライブハウスと言われるキャパがMax100名程度の会場で、
 ロック系、ジャズ系、ポピュラー系の演奏会とします。
 (ライブコンサートの略で、慣習により厳密な定義ではない)
 
 
上記のような連絡を友人から受けて張り切って行ったのが、
あなたのライブ写真撮影の最初の経験・・・。
 
 
カメラ・写真が好きで、
中学・高校・大学と文化祭などでライブ写真を撮っていた・・・
という猛者の人は別ですけどね。
(そおいう人には別の記事でノウハウを提供しています)
 
 
で、手持ちの機材はデジタル一眼レフかミラーレス一眼の
ボディー1台と、キットレンズ1本・・・
というパターンが多いのではないでしょうか?
 
ちなみに私がそうでした(笑)
当時はミラーレス一眼はありませんでしたので、
デジタル一眼レフの中級機1台と
標準ズームのキットレンズ1本でした。
 
 
そして指定時間にライブハウスに向かいます。
対バン形式の中の友人バンドを撮るというのが
一番多いパターンですね。
 
 
ライブハウスに到着して友人バンドの出演の順番を待つ間に、
試し撮りなんかしながら、
 
「シャッタースピードは・・・」
「絞りは・・・」
「ISO感度は・・・」
「ドライブモードは・・・」
 
という感じで何度も背面液晶を確認しながら
準備したんではないでしょうか?
 
 「えっ! フルオートのまま撮った!?」
 
それはそれは・・・オ ミ ゴ ト!(カメラがね(笑))
 
 
いよいよ友人バンドの演奏が始まりました。
 
あなたは陣取った客席から夢中でシャッターを切ります。
あるいは客先の後方から立って撮っているのかもしれません。
 
ずっと連写していて、
周りのお客さんに睨まれたかもしれませんね(笑)。
 
夢中でシャッターを切っているうちに、
あっという間に友人バンドの演奏が終了。
 
 
その後は背面液晶で撮った写真を
一喜一憂しながら1枚ずつ確認。
 
 もっとこんな感じで撮れば良かった・・・
 
 こんなに明るくなかったんだけど・・・
 
 ピントが合ってない・・・
 
 これはなかなかイケてるな!
 
 友人ばっかり撮っちゃってる・・・
 
 ドラムはほとんど顔の上半分しか写ってない・・・
 
 ブレブレだ~
 
おおよそこんな感じでしょうか?
 
そして帰宅後にPCの画面で再度見てみて、
カメラの液晶画面で見た印象との違いに驚く!
 
 
私を含めてライブ写真撮影を行っている
皆が通ってきた道です。
 
 
今までは趣味で撮っていたので、
失敗しても自分がガッカリするだけで済みました。
 
でも頼まれての撮影となると、
責任もありますしガッカリでは済みません。
 
それでもバンドの各メンバーごとに最低1枚、
バンド全体で1枚「これっ!」という写真があれば、
あなたの初めてのライブ写真撮影は、
まずは成功と言っていいと思います。
 
それに、多分撮影料とかはもらわずに
ボランティア撮影でしょうからね。いいんです!(笑)
 
 
もし数枚の失敗を除いてあとは全部バッチリ!
と思っているのであれば、
自己満足か、自信過剰か、あるいは
ライブ写真を分かっていないんだと思います。
たぶん…。(違っていたらごめんなさい)
 
初めてライブ写真撮影に行って、
ほとんどボツがなかった・・・ということは
あまり考えられません。
 
もし本当にそうであれば、
あなたはライブ写真撮影は初めてでも、
他の被写体撮影の経験をかなり積んでいるのでしょう。
 
冒頭にも言いましたが、
そおいう人には別の記事で次のステップの
ノウハウをお話ししています。
 
 
通常であれば、そうですね・・・
一流打者の打率を超えていれば
相当良いほうではないでしょうか。
 
打率3割くらい。
100枚撮影して依頼者に渡せるのが30枚程度。
 
それでガッカリして自信喪失する必要はありません!
 
100枚撮って1枚も無いのは寂しいですが、
10枚もあればまずは合格ですよ。
 
そこから全て始まるんです。
ライブ写真撮影というジャンルの入り口です。
 
 
次回は今回の経験を生かして、
今回感じた反省をもとに工夫すれば良いんです。
 
望んでいたより明るく写っていて
雰囲気がなくなっていたら露出をマイナス補正する。
 
ブレてばかりなら、シャッタースピードを上げてみる。
(その分のトレードオフでISOは上がるでしょうけど)
 
ピンボケが多いようであればフォーカスエリアを
工夫してみたり、迅速にフォーカスエリアを動かす
練習をする。
 
ドラムやキーボードがおでこしか映っていなければ、
次回は少し早く行って撮影ポジションを探す。
 
 
仮にフルオートで撮ったのであれば、
気に入った写真、失敗した写真それぞれの
撮影データー(Exifとか)を見て、
シャッタースピード、絞り、ISOがどうなっているのか
確認してみる。
 
 
そのような経験をどれだけするか、
撮った後の反省と学習をどれだけするか、
それを次回にどう反映してトライしてみるか、
撮影のチャンスをどうすれば増やせるか・・・
 
その積み重ねしかないんです。
自力でやっていくためにはね。
 
でもそうやって経験で学んだ自分なりのテクニックや
ノウハウは、必ず身に付くし財産になります。
 
今はデジタルだから、Exif情報など撮影データーが
1枚ごとに記録されているので、
自習するにはとても便利です。
 
フィルム時代は「メモ」していない限り、
写真を撮った時の記録はありませんでしたからね。
 
 
一緒に頑張りましょう!
 
少しでも近道を行けるように手伝いますから!
 
 
最後に、もし以下を意識していなかったとしたら、
これだけは必ずチェックして次回のライブ写真撮影に
臨んでください!
 
 オートフォーカスの補助光はオフになっているか?
 (演奏者に非常に迷惑です!)
 
 音は消しているか?
 (フォーカス合焦時のピッ音はもちろん、消せる音は全てオフ!)
 
 写すたびに液晶に画像が表示されるのをオフにしているか?
 (いちいち確認している暇はないはずだし観客の目障りです)
 えっ! ミラーレス一眼でなくミラーレスで
 ファインダーがない?
 
 困りましたね~ 液晶フード自作しますか!?
 
 
ライブステージ・コンサート写真のデジカメ撮影 事始め
 
お遊びのライブ撮影ならそれでいいけどね(笑)
 
ライブ写真やコンサート写真撮影の第2ステップ
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
芦澤来斗


ちょっと待った!! 不要?写真データーの削除

20081107-155905-R-06_w
 
ブレてる => 削除
 
気に入らない => 削除
 
失敗 => 削除
 
ゴースト出てる => 削除
 
等々
 
 
写真を撮って帰ってPCに保存する際に、
こんな感じで選別していませんか?
 
あるいは撮ったその場で
カメラの液晶画面で判断してすぐ削除!!
 
 
これ色々な意味で勿体ないです。
 
そんなに慌てて抹殺しないで下さい!
 
 
 
気持ちは分かります。
私もそうでしたから・・・。
 
 失敗画像 = 無駄
 
そう思って瞬殺していました(笑)
 
 
それに一番気になるのは
おそらくSDカードやPCのハードディスクの容量ですよね?
 
 
SDカードやハードディスクの
容量あたりの価格は下がっていきますが、
それに反比例してデジカメの画像データーのサイズは
どんどん膨らんできています。
 
 「最新のカメラが欲しい!」
 
 「より高画素なカメラが欲しい!」
 
ですよね?
 
それなのに、
その分撮影したデーターが大きくなって
SDカードもハードディスクも
相応の容量が必要になることを
意外と意識していない人がいます。
 
「最新のフルサイズ デジタル一眼レフやミラーレス一眼を欲しいのは分かるけど・・・」
 
 
それらの限られた容量を温存するために、
ますます「そく削除」される画像が増えます。
 
 
これ、何度も言いますが
 
「モッタイナイ!」
 
です。
 
 
保存スペースを優先するあまり、
大切なものを一緒に消し去っている可能性があるんです。
 
 
撮影経験が浅いうちはなおさらですが、
あなたが
 
「これはOK」とか「これはNG」
 
という判断基準も怪しいんです。
 
 
「おー! これはベストショットだ! ゲッツ!」
 
と内心ガッツポーズの画像が、
見る人によっては
 
「ふーん・・・」
 
なんていうことは日常茶飯事です。
 
 
私もライブステージ撮影仕事の駆け出しの頃、
自信をもって納品した写真が
期待した程には評価されず
あまり反応が無かったことが何度かありました。
 
ガッカリしましたよ。
 
もう頭に中は
 
 「?????」
 
何度か続くと
 
 「なんでやねん!」
 
でした。
 
 
好みや相性の問題では済まないんです。
 
ライブ撮影 被写体がプロかアマかで違うのです!
 
撮影の経験が浅いということは、
写真を観る目も養われていない・・・ということなんです。
 
なかには写真は撮らないけど、
ギャラリーや美術館、写真集を見るのが趣味で
観る目が肥えている人もいると思います。
 
それでも自分で撮った写真はまた別なんです。
 
 
そこで本題に戻るのですが、
今の時点で「傑作!」と感じた写真が、
後日見ると「恥ずかしい・・・」となったり、
「失敗!」と思っていた写真が、
数年後に「お気に入り!」になることは
よくあることなんです。
 
 
そして明らかに「ダメ」な写真でも、
その場で削除せず残しておくことで、
後日「反省」のネタになるんです。
 
「なんで失敗したんだ・・・?」
 
と考えることもとても大切ですし、
後々に「あー、あの頃はこんな失敗したなー」と、
初心に帰るきっかけにもなります。
 
 
だから、
言ってみればとても大切な「資産」なんです。
 
 
どうかお願いですから
瞬殺だけは許してあげて下さい!(笑)
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
芦澤来斗


リハーサル・ゲネプロで決まる!? ライブステージ撮影

IMG_5627_w
 
 
汗をかく(不潔!!)
 
カメラをぶつける(ショック!!)
 
頭を打つ(痛!!)
 
つまづく(冷汗!!)
 
どこか擦りむく(血が!!)
 
のぼる・降りる(足つる!!)
 
 
 
ライブステージフォトグラファーの実態(笑)
 
肉体労働ですね。
 
 
あまり馴染みの無い会場では特に危険(笑)
 
 
この危険がいっぱいの状況は、
特にリハーサルやゲネプロで起こります。
 
もちろん本番中でも起こることはあるのですが、
リハーサル・ゲネプロの比ではありません。
 
 
本題の前に、
「リハーサル」?? 「ゲネプロ」??
というのであれば、まずこちらを参考に。
 
これを知らないと、撮影現場で素人扱い!? 「舞台用語」
 
 
音楽業界と舞台関係、
それぞれの現場スタッフの習慣によっても
使われ方は一様ではありませんが、
私の場合、通常は以下のように解釈しています。
 
 
「リハーサル(英語)」
 
 進行・音響・照明などを確認しつつ、
 場当たりも含めて確認・お稽古の要素が強い。
 
 曲ごとなどの切れ目で止めて各種確認を行う。
 問題があればその時点で舞台監督や演出家が止める。
 
 
「ゲネプロ(ゲネラールプローベ、ドイツ語)」
 
 音響・照明・衣装・進行などすべて本番同様に行われる。
 余程のことがなければ途中でストップしない。
 
 
 
さてここからが本題です。
 
ある程度の規模のコンサートならそこそこの規模の
ホールで行われて、舞台監督・演出家もいるでしょう。
 
照明・音響・舞台・道具さん達のセッティングが
ほぼ形になり落ち着いた段階で、
「場当り」から始まり、
「リハーサル」~「ゲネプロ」~本番へと流れていきます。
 
 
その間に、カメラマンも含めた裏方スタッフにとっては
最も重要??な「シーメ(メシ=食事)」も入りますが(笑)
 
 余談)このケータリングや弁当の「質」によって、
    現場スタッフの士気はかなり変わります。
    これ本当の話(笑)
 
    この辺の裏話はBlogではあまり話せないので、
    メルマガで・・・
 
 
そしてライブステージフォトグラファーとしては、
そのリハーサルやゲネプロの時間がとても重要になります。
 
本番撮影に向けての「アングル確認」、「タイミング確認」、
「照明確認」、「画角確認」・・・などは当然ですが、
それと同等に大切なのは、
 
「本番では撮れない写真を撮る」
 
ということなのです。
 
 
 
リハーサルでは、
出演者は本番衣装を着ていないことがほとんどですし、
女性出演者はメイクも完了していません。
 
そのかわりオフステージ的な表情を狙えます。
 
バンマスとピアノ前で楽譜を見ながら
イントロの確認をしていたり、舞台監督とタイミングや
立ち位置の確認をしていたり・・・。
 
演出家と舞台監督が舞台装置の確認をしていたり・・・。
 
 
ドキュメンタリー的な写真を撮ることができます。
 
 
ただしシビアーな現場では、本番メイクを終えてない
女性アーティストにカメラを向けるのは
「ご法度!」の現場もありますけどね。
 
 
また、このタイミングでは衣装や演出が本番通りではないので、
撮ること以外に舞台周りの撮影ポイントの確認に動き回れます。
 
ここで冒頭の「事故!?」が多発するのです(笑)
 
ステージ裏を下手~上手に行ったり来たり!
 
舞台裏から奈落へ走る!
 
舞台袖から螺旋階段で照明用のキャットウォークへ駈け上がる!
 
投光室へ行く!
 
シーリングライトやフロントライトまで登る!
 
 
ホールとは、一歩ステージを離れると
「暗い」「狭い」「道具・装置が山積み」
「頭上・足元・背後には金属パイプ類やケーブル類」
の世界です。
 
「危険がいっぱい!」
 
「ヘルメット欲しい!」
 
なんです。
 
 
私も駆け出し当初、初めてのホールで何度か
「目から火花!」「星が見えた!」を経験しました(涙)
 
気付いたら手に切り傷や擦り傷・・・
なんていうことは日常茶飯事です。
 
 
カメラもハンドリングのためにケースなどは付けず裸なので、
ボディーも傷付きます。
 
そんなこと気にしている猶予はありません。
我々にとってはカメラは嗜好品ではなく道具です。
 
レンズだけは前玉保護のために
フードを常時付けています。
 
 
私は基本的に撮影時は全身黒服ですが(カラスルック!)、
気付いたらホコリで真っ白!!なんていうこともあります。
 
はらっても落ちないと思ったら「汗で潮吹いてる!」
(クジラルック!?)ということもしばしば・・・(笑)
 
 
でもその分だけ報われるんです。
 
意外な絶景ポイントやアングルを発見できるんです。
 
 
 
それを踏まえて、
「ゲネプロ」では本番では撮れない写真を撮る訳です。
 
舞台監督に了解を得られれば、
基本的にはステージ上や舞台袖から撮ります。
 
演者の背後から客席に向かって
「ピンスポ」の逆光を生かして・・・よく使う手です。
 
 
タンコブや擦り傷・切り傷の代償として、
 
「芦澤さん、これどこから撮ったんですか??」
 
なんて驚かれたり喜ばれると報われるわけです。
 
 
本番は客席後方の操作ブース(通称金魚鉢)の中から
ガラス越し・・・なんていうこともあります。
 
そんな場合は、本番で撮れる写真はしれてます。
はっきり言ってしまえば・・・。
誰が撮っても極端な違いはありません。
 
ですからそんな現場ではリハーサル・ゲネプロの時間が
特に勝負になるわけです。
 
 
 
もちろんホール関係スタッフの了解を得たうえで、
いろいろ動いてみてください。
 
新しい発見があるでしょうし、
自分だけの「秘密の撮影ポジション」を発見できると思います。
 
 
ただしくれぐれも「怪我には注意!!」です。
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
芦澤来斗


ライブステージ・舞台写真撮影のキモ(バレエ・ダンス編)

06-23-01-099_w
 
 
ステージ : うす暗い!
 
照 明 : 目まぐるしく変わる!
 
出演者 : 黒っぽい衣装で大勢!
 
動 き : 早い!
 
 
 
カメラマン泣かせのダンスの舞台。
 
 
ジャズダンス系などでよくあるシチュエーションです。
 
 
デジタル一眼レフの黎明期、
まだ高感度特性が今ほどではなかった頃は、
この手の撮影は苦労しました。
 
ISO感度もせいぜい800、仕方なく1600を使うという状態。
 
ギリギリの露出でRAWで撮影し、
撮影後にPCで露出を持ち上げるなど後処理を
しなければなりませんでした。
 
 
 
その点、最近のデジタル一眼レフやミラーレス一眼は
高感度性能が目覚ましく向上し、
ISO3200や場合によっては6400でも
実用に耐えるようになってきました。
 
 
 
 
バレエの場合は、
逆に舞台の照明は明るめで一定の演目が一般的です。
(もちろん、そうでない凝った照明の演目もありますが)
 
露出に関してはバレエ写真は
ジャズダンスやヒップホップ系などのダンス写真より
対応しやすいですね。
 
 
 
バレエ写真でもジャズダンス写真でも、
ダンス系の撮影では
 
「区切りとなる拍子」
 
でのキメポーズを逃さないのが基本となります。
 
もちろん演目や曲によっては
そうはいかないダンスもあります。
 
創作系のダンスや、そもそも音楽がないとか・・・。
 
 
しかし一般的な音楽に合わせて踊るダンス系の撮影の基本は
まずは「区切りとなる拍子」を押さえることから始まります。
 
 
イチ・ニッ・サン・シッ・ゴー・ロク・シチ・ハチ
ニー・ニッ・サン・シッ・ゴー・ロク・シチ・ハチ
 
 
例えば上のような拍子の曲であれば、
「ハチ」の拍子がキメポーズになるケースが一般的です。
 
 
まずはその拍子でのキメポーズをとらえます。
 
そうは言っても全員が綺麗にそろってなかったりしますが・・・(涙)
 
 
意図的に動きを表現する場合を除いては、
基本的に確実に動きを止めてキメの瞬間を撮影します。
 
 
大人数で一斉に踊るシーンなどでは、
本番で全景だけを撮るだけでは発表会写真になってしまうので、
フィニッシュや曲の途中で全員が綺麗なキメポーズを取る
見せ場の瞬間をメインに撮影し、それ以外のシーンでは
望遠で数人ずつのパートごとに撮るのも手ですね。

念のために本番同様に行われるゲネプロで、
ステージ上や舞台袖から、後列側や上手側・下手側の
両サイドさど、正面からでは撮りにくいダンサーを
事前に撮影しておければ完璧です。
 
目立ちにくいポジションのダンサーも確実に撮っておく・・・。
 
思いやりですね。
 
 
 
メインのダンサーやソロでの踊りをとらえる場合は、
確実に動きを止め、指先・足先まで収めるのが基本です。
 
 
特にそのダンサーの特徴や得意な技・ポーズがある場合は、
それを逃してはNGです。
 
それを事前に知っておくのが前提ですが・・・。
 
レッスンの見学に行くなりリハーサルでチェックするなり、
事前にチェックしておくことが大切です。
 
 
顔馴染みになれば、前もって演目の主題や見どころを
教えてもらえますし、リハーサルやゲネプロでそれを
テスト撮影しながら確認できます。
 
 
大きな公演などでは、
舞台監督や照明さんとの事前確認も大切になります。
 
 
キメポーズの瞬間に照明が同期して変わる!
そんな瞬間があることをを知らずに取り損なったら、
ゴメンナサイでは済みませんからね。
 
 
やはりダンス写真やバレエ写真の撮影においても、
事前準備やリハーサル・ゲネプロでのチェックが大切です。
 
ステージ撮影・ライブ撮影では、リハーサル・ゲネプロが勝負!?
 
 
 
あと注意が必要なポイントとしては、
衣装を美しく見せるために露出には細心の神経を!
ということでしょうか。
 
 
 
例えばバレエの白い衣装が露出オーバー気味で
真っ白くノッペリと飛んでしまったり、
赤い衣装が色飽和でベッタリ質感がなくなってしまったり・・・。
 
 
動きを追うことに気を取られすぎて気が回らない場合に、
ありがちなミスです。
 
 
その辺りのチェックもリハーサルやゲネプロで忘れずに!
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


ライブコンサート写真撮影のキモ(ロック・ポップス編)

_MG_4353_w
 
 
ロックやJazz、ポップス系のライブ写真撮影では、
いかにその場の空気感・熱気・ノリを捉えるかが勝負です。
 
激しい音楽ならその熱、癒し系ならその清涼感・・・。
 
 
 
シャッター音など「音」に関しては、
クラシック系ほど気を使わなくてもすみますね。
 
ライブコンサート写真撮影のキモ(クラシック編)
 
そうは言ってもやはりバラードなど静かな楽曲では
シャッター音を響かせるのはご法度です。
 
 
 
デジタル一眼レフで撮影する場合は、
撮りたくてもシャッターが切れないシーンというのがあります。
 
全曲ギンギンの激しい曲ばかりなら
安心していつでもシャッターが切れますけどね。
 
 
その点ではミラーレス一眼であれば、
電子シャッターの無音撮影が可能なので、
シーンを選ばずにシャッターを切ることができます。
 
 
 
ロック系のライブ写真撮影では、
それほど神経質にならずに曲間でポジション移動ができます。
観客がスタンディングであればなおさら動きやすいでしょう。
 
ただし、あくまでもお客様の視界の邪魔にならないことが
前提なのは当然ですが・・・。
 
 
場合によってはステージ前ににじり寄ったりもいいでしょう。
 
超広角レンズのパースを効かせて、
ミュージシャンの足元から狙うというのも
よく行われる撮影方法です。
 
 
場合によっては、演奏中のミュージシャンとカメラマンが
コンタクトすることで、演出効果を高める場合もあります。
 
ライブ映像でもよくありますよね?
ミュージシャンがカメラに向かってくるシーンが。
 
 
そんな瞬間を近接で捉えるのも面白いですね。
 
 
 
私は演出の一環で
演奏中に舞台に引き上げられたこともあります!
 
 
曲の演奏中、舞台の上で意図的に目立つように
動き回って撮影しました。
 
ボーカルににじり寄ったり、
ギタリストを足元から見上げて撮ったり、
ドラマーの後ろからノーファインダーで俯瞰で撮ったり・・・。
 
曲終わりでボーカルから紹介されて、
観客に向かって拳を振り上げてステージを降りました(笑)。
 
場を盛り上げる演出効果としてこんなこともあり得ます。
 
 
そのあたりは、出演者との信頼関係や場数がものをいいますね。
 
 
 
同じバンドとの付き合いが長くなると、
そのバンドのファンの人達とも顔馴染みになります。
 
開演前や終演後に声を掛けられることもよくありますよ。
 
「芦澤さ~ん! またお会いしましたね!」
 
 
バンドとそのファンも含めた、
ある種のファミリーの一員として認知されると、
余計な神経を使わずに済むのでスムーズに撮影が行えます。
 
 
楽屋にも自由に出入りして、
出演前の様子なども撮れるようになると、
メンバーとの気心も知れて普段なかなか見れない表情を
ものに出来たりもします。
 
 
 
そのように出演者との距離を縮めるためには、
ただ撮影するだけではダメです。
 
打上などに呼ばれたら積極的に参加するのはもちろんですが、
例えば機材の搬入や搬出に手を貸したり、
セッティングを手伝いながら撮影ポジションや照明を
お互いに確認したりといった共同作業が大切です。
 
 
実はそんな地道な行いの積み重ねが
撮影チャンスを広げたりあらたな出会いの
きっかけになったりするのです。
 
 
 
本番だけ顔を出して、
自己満足の撮影をしてさっさと帰る・・・。
 
それではいつまでたってもチャンスは広がらないし、
他の撮影機会を紹介していただいたりはありません。
 
 
もちろん良い写真を撮ることが前提とはなりますが、
それと同等か、もしかしたらそれ以上に、
そんな地道な気配りや積極的な行動がとても大切なのです。
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ