ライブ・ステージ写真撮影では、曲間にこそシャッターチャンスが!


 
ライブ写真やステージ写真の撮影では、
本番よりもむしろリハーサルやゲネプロの時が大切だし
勝負!!だという話は何度かしました。
 
 
事前にステージのセッティングリストや進行表を受け取って、
おおよその状況を想定して現場に行っても、
本番に向けての手直しや現場対応で変わることのほうが
多いのが実際にところです。
 
それに伴って、撮影ポイントや撮影場所、アングル、
カメラのセッティングも変わってきます。
 
 
本番直前に会場に入っていきなり撮影を開始するというのは、
リスクが高いというよりも、その程度の姿勢で撮れる写真は
たかが知れていると言ってもいいでしょう。
 
 
その辺りの基本的なことは、以前の記事を参考にして下さい。
 
 
リハーサル・ゲネプロで決まる!? ライブステージ撮影
 
ステージ撮影・ライブ撮影では、リハーサル・ゲネプロが勝負!?
 
 
今日お伝えしたいのは、
リハーサルやゲネプロでの撮影のちょっとした[ツボ]です。
 
 
リハーサルやゲネプロでは、
本番では撮れない写真を狙うわけです。
 
許可が出れば、
ステージに上がって出演者の間近から撮ったり、
クラシック系であれば、本番では後ろ姿しか撮れない
指揮者の表情を捉えたりします。
 
客席後方のピンに照らされてシルエットとなった
ボーカリストの後ろ姿をステージから客席に向かって撮ったり…、
色々なことを試すことが出来ますし、普段あまり目にしない
アングルでの写真をモノにできたりするわけです。
 
 
 
そうやって本番ではとても捉えられない写真を
撮る味・面白さを知ると、本番よりもリハーサルや
ゲネプロでの撮影の醍醐味にハマってゆきます(笑)
 
 
今日お伝えしたい[ツボ]は、
そのような場面でのポイントのひとつです。
 
 
リハーサルやゲネプロで
ステージ上などで夢中で撮影していると、
いつしか出演者と意識が同期して来ます。
 
同じ空気感と時間の流れに同調して、
一緒に演じているような錯覚に陥るくらいに。
 
これは私がもともと音楽をやっていたから
余計にそうなるのかもしれませんが、
経験のない芝居やダンスでも同じ感覚になります。
 
 
そうすると、
例えば曲と曲の間であったり、
演出の調整で曲中でストップしたりした場合、
撮影しているこちらも「ホッ」として一息つくんです。
 
息をつめてファインダーを見続けていた緊張感が
フッと途切れるんですね。
 
それは仕方がないんですが
(そうでなければ緊張感は続きませんし倒れます(笑))
 
休憩時間になった時も同じです。
 
こちらも出演者と一緒に
「フ~やれやれ、やっと休憩だー」
とホッとします。
 
 
そんな時が実は[ツボ]なんです。
 
ホッとした出演者の表情、
意見を交わすメンバー、
照明スタッフと微調整を相談しているバンマス、
緊張感から解放されてふざけている団員たち、
進行や段取りを確認している指揮者と演出家…
 
どれもその時の現場の空気を伝える
捨てがたい瞬間・表情に満ちているんです。
 
 
ですから、出演者と一緒に「やれやれ」とホッとしている
ヒマはありません。
 
そんな時は、
そこら中にシャッターチャンスが溢れているんです。
 
 
演奏していない、歌っていない、踊っていない
そんな瞬間にこそ、出演者個々人の個性や性格や想いが
素直に現れるんですね。
 
 
内容に関してケンカ腰で議論を交わしている場合も
あるかもしれません。
 
 
全てが得難い現場写真になります。
ドキュメントですね。
 
 
ですから局と曲の間、中断した時、休憩に入る時…
気を抜かずに周りを見渡しましょう。
 
きっといい表情をしている顔がたくさん見つかりますよ!
 
 
 
終演後も同じですよ!
 
さっさとカメラを片付けようとしているそこの君!
機材の撤収はまだ早い!
 
ステージ撮影 終演後はホワイエ(ロビー)に急げ!!
 
 
 
芦澤来斗


ライブステージ・コンサート写真のデジカメ撮影 事始め

22-0-016_w
 
 
ライブやコンサートの写真を最初に撮るキッカケは、
もちろん人それぞれですが、
ほぼ下記のパターンに当てはまるのではないでしょうか?
 
 
1.バンドやダンス、芝居をやっている友人から
  撮影を頼まれる
 
2.ピアノやヴァイオリンを習っている友人・知人・親族に
  発表会やリサイタルの撮影を頼まれる
 
3.無料のイベントやライブへ行って撮る
 
 
おそらくデジタル一眼レフかミラーレス一眼を持っていて
趣味で写真を撮っているか、
お気に入りのミラーレスカメラかコンデジを常に持ち歩いていて、
日常生活をスナップしている人でしょう。
 
 
共通しているのはそれなりのカメラを持っていて、
自他ともにカメラあるいは写真が好きという認識がある・・・
という人ではないでしょうか?
 
写真を撮る必要がある場合は彼に頼もう・・・
と回りから思われている人・・・という感じですね。
 
まさかスマホしか持っていない友人に、
わざわざ「撮って」とは頼まないでしょうからね。
 
 
3のケースの人は、頼まれなくても自分から
積極的に撮りに行くでしょう。
 
 
 
この手の人はライブやコンサートに限らず、
身内や知り合いのイベント・・・例えばパーティー、発表会、
同窓会、旅行、飲み会に冠婚葬祭・・・etcでは、
写真係を頼まれるか、自ら進んで引き受けるでしょうね。
・・・たぶん・・・
 
 
 
そのようなカメラ好き・写真好きと言われる人達の中で、
ライブステージ写真撮影にハマっていくのは、
1のケースがキッカケだった人が多いようです。
少なくとも私の回りはそうです。
 
1の変形パターンとしては、
ライブハウスなどでアルバイトをしていて興味を持った・・・
というケースもあります。
 
 
2のパターンの人は、
毎年一回とか頼まれれば引き受けるのですが、
それ以上にこのジャンルの撮影にハマるということは
あまりないようです。
 
 
3のケースは、
もしかすると一番写真撮影が好きな人なのかもしれませんが、
特にライブステージ撮影に入れ込むわけではなく、
スナップから花などのネイチャー、風景のように幅広く撮影を
楽しむ人が多いように感じます。
 
 
 
ここで感じるのは、
1ないし1の変形パターンの人に共通するのは、
自分も「演じる側」の経験がある人が圧倒的だということです。
 
 
自分もギターを弾いていた(弾いている)・・・、
学生時代にバンドをやっていた・・・、
演劇部に所属していた・・・、
ダンスを習っている・・・、
 
 
これはホールやライブハウスのスタッフにも言えることです。
 
みんな音楽やダンスや演劇など何らかの経験者か、
経験はなくてもすごく好きな人達なんですね。
 
逆に、そうだからその手の仕事をしているとも言えますが・・・。
 
 
ライブステージフォトグラファーというのも、
同じようなことが言えるような気がします。
 
 
一般的な意味で言う写真撮影の中でも
どちらかというとマイナーなジャンルと言えるかもしれない
ライブステージ・コンサート撮影を
メインの対象に選ぶ動機としては、
やはりその世界への思い入れがありそうですね。
 
私がモロにそうなので、
余計にそう感じるのかもしれませんが・・・。
 
 
 
やはりどのジャンルであっても、
思い入れがあるジャンルに一番力が入りますよね。
 
服飾に興味があれば、
ファッション系の撮影に向かうでしょうし・・・。
 
 
 
もちろん一般的なフリーランスのカメラマンは、
来る仕事は基本的にすべて請ける(ハズ!?)なので、
一つのジャンルだけ・・・という訳にはいかないのが実情ですが、
やはり好き・得意というのはあります。
 
 
ですのでその意味では、
私のこのBlogを興味を持って読んでくれているあなたは、
きっと音楽、ダンス、演劇などがとても好きか、
実際に経験しているんではないですか?
 
 
そういう人と交流したいし、
ライブステージ写真を撮るための力になりたいと思っています。
 
最新カメラの評論が大好きな人達ではなくね・・・(笑)
 
 
「ライブ写真撮影 はじめの一歩」
 
ライブ写真やコンサート写真撮影の第2ステップ
 
お遊びのライブ撮影ならそれでいいけどね(笑)
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


リハーサル・ゲネプロで決まる!? ライブステージ撮影

IMG_5627_w
 
 
汗をかく(不潔!!)
 
カメラをぶつける(ショック!!)
 
頭を打つ(痛!!)
 
つまづく(冷汗!!)
 
どこか擦りむく(血が!!)
 
のぼる・降りる(足つる!!)
 
 
 
ライブステージフォトグラファーの実態(笑)
 
肉体労働ですね。
 
 
あまり馴染みの無い会場では特に危険(笑)
 
 
この危険がいっぱいの状況は、
特にリハーサルやゲネプロで起こります。
 
もちろん本番中でも起こることはあるのですが、
リハーサル・ゲネプロの比ではありません。
 
 
本題の前に、
「リハーサル」?? 「ゲネプロ」??
というのであれば、まずこちらを参考に。
 
これを知らないと、撮影現場で素人扱い!? 「舞台用語」
 
 
音楽業界と舞台関係、
それぞれの現場スタッフの習慣によっても
使われ方は一様ではありませんが、
私の場合、通常は以下のように解釈しています。
 
 
「リハーサル(英語)」
 
 進行・音響・照明などを確認しつつ、
 場当たりも含めて確認・お稽古の要素が強い。
 
 曲ごとなどの切れ目で止めて各種確認を行う。
 問題があればその時点で舞台監督や演出家が止める。
 
 
「ゲネプロ(ゲネラールプローベ、ドイツ語)」
 
 音響・照明・衣装・進行などすべて本番同様に行われる。
 余程のことがなければ途中でストップしない。
 
 
 
さてここからが本題です。
 
ある程度の規模のコンサートならそこそこの規模の
ホールで行われて、舞台監督・演出家もいるでしょう。
 
照明・音響・舞台・道具さん達のセッティングが
ほぼ形になり落ち着いた段階で、
「場当り」から始まり、
「リハーサル」~「ゲネプロ」~本番へと流れていきます。
 
 
その間に、カメラマンも含めた裏方スタッフにとっては
最も重要??な「シーメ(メシ=食事)」も入りますが(笑)
 
 余談)このケータリングや弁当の「質」によって、
    現場スタッフの士気はかなり変わります。
    これ本当の話(笑)
 
    この辺の裏話はBlogではあまり話せないので、
    メルマガで・・・
 
 
そしてライブステージフォトグラファーとしては、
そのリハーサルやゲネプロの時間がとても重要になります。
 
本番撮影に向けての「アングル確認」、「タイミング確認」、
「照明確認」、「画角確認」・・・などは当然ですが、
それと同等に大切なのは、
 
「本番では撮れない写真を撮る」
 
ということなのです。
 
 
 
リハーサルでは、
出演者は本番衣装を着ていないことがほとんどですし、
女性出演者はメイクも完了していません。
 
そのかわりオフステージ的な表情を狙えます。
 
バンマスとピアノ前で楽譜を見ながら
イントロの確認をしていたり、舞台監督とタイミングや
立ち位置の確認をしていたり・・・。
 
演出家と舞台監督が舞台装置の確認をしていたり・・・。
 
 
ドキュメンタリー的な写真を撮ることができます。
 
 
ただしシビアーな現場では、本番メイクを終えてない
女性アーティストにカメラを向けるのは
「ご法度!」の現場もありますけどね。
 
 
また、このタイミングでは衣装や演出が本番通りではないので、
撮ること以外に舞台周りの撮影ポイントの確認に動き回れます。
 
ここで冒頭の「事故!?」が多発するのです(笑)
 
ステージ裏を下手~上手に行ったり来たり!
 
舞台裏から奈落へ走る!
 
舞台袖から螺旋階段で照明用のキャットウォークへ駈け上がる!
 
投光室へ行く!
 
シーリングライトやフロントライトまで登る!
 
 
ホールとは、一歩ステージを離れると
「暗い」「狭い」「道具・装置が山積み」
「頭上・足元・背後には金属パイプ類やケーブル類」
の世界です。
 
「危険がいっぱい!」
 
「ヘルメット欲しい!」
 
なんです。
 
 
私も駆け出し当初、初めてのホールで何度か
「目から火花!」「星が見えた!」を経験しました(涙)
 
気付いたら手に切り傷や擦り傷・・・
なんていうことは日常茶飯事です。
 
 
カメラもハンドリングのためにケースなどは付けず裸なので、
ボディーも傷付きます。
 
そんなこと気にしている猶予はありません。
我々にとってはカメラは嗜好品ではなく道具です。
 
レンズだけは前玉保護のために
フードを常時付けています。
 
 
私は基本的に撮影時は全身黒服ですが(カラスルック!)、
気付いたらホコリで真っ白!!なんていうこともあります。
 
はらっても落ちないと思ったら「汗で潮吹いてる!」
(クジラルック!?)ということもしばしば・・・(笑)
 
 
でもその分だけ報われるんです。
 
意外な絶景ポイントやアングルを発見できるんです。
 
 
 
それを踏まえて、
「ゲネプロ」では本番では撮れない写真を撮る訳です。
 
舞台監督に了解を得られれば、
基本的にはステージ上や舞台袖から撮ります。
 
演者の背後から客席に向かって
「ピンスポ」の逆光を生かして・・・よく使う手です。
 
 
タンコブや擦り傷・切り傷の代償として、
 
「芦澤さん、これどこから撮ったんですか??」
 
なんて驚かれたり喜ばれると報われるわけです。
 
 
本番は客席後方の操作ブース(通称金魚鉢)の中から
ガラス越し・・・なんていうこともあります。
 
そんな場合は、本番で撮れる写真はしれてます。
はっきり言ってしまえば・・・。
誰が撮っても極端な違いはありません。
 
ですからそんな現場ではリハーサル・ゲネプロの時間が
特に勝負になるわけです。
 
 
 
もちろんホール関係スタッフの了解を得たうえで、
いろいろ動いてみてください。
 
新しい発見があるでしょうし、
自分だけの「秘密の撮影ポジション」を発見できると思います。
 
 
ただしくれぐれも「怪我には注意!!」です。
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
芦澤来斗


ライブステージ・舞台写真撮影のキモ(バレエ・ダンス編)

06-23-01-099_w
 
 
ステージ : うす暗い!
 
照 明 : 目まぐるしく変わる!
 
出演者 : 黒っぽい衣装で大勢!
 
動 き : 早い!
 
 
 
カメラマン泣かせのダンスの舞台。
 
 
ジャズダンス系などでよくあるシチュエーションです。
 
 
デジタル一眼レフの黎明期、
まだ高感度特性が今ほどではなかった頃は、
この手の撮影は苦労しました。
 
ISO感度もせいぜい800、仕方なく1600を使うという状態。
 
ギリギリの露出でRAWで撮影し、
撮影後にPCで露出を持ち上げるなど後処理を
しなければなりませんでした。
 
 
 
その点、最近のデジタル一眼レフやミラーレス一眼は
高感度性能が目覚ましく向上し、
ISO3200や場合によっては6400でも
実用に耐えるようになってきました。
 
 
 
 
バレエの場合は、
逆に舞台の照明は明るめで一定の演目が一般的です。
(もちろん、そうでない凝った照明の演目もありますが)
 
露出に関してはバレエ写真は
ジャズダンスやヒップホップ系などのダンス写真より
対応しやすいですね。
 
 
 
バレエ写真でもジャズダンス写真でも、
ダンス系の撮影では
 
「区切りとなる拍子」
 
でのキメポーズを逃さないのが基本となります。
 
もちろん演目や曲によっては
そうはいかないダンスもあります。
 
創作系のダンスや、そもそも音楽がないとか・・・。
 
 
しかし一般的な音楽に合わせて踊るダンス系の撮影の基本は
まずは「区切りとなる拍子」を押さえることから始まります。
 
 
イチ・ニッ・サン・シッ・ゴー・ロク・シチ・ハチ
ニー・ニッ・サン・シッ・ゴー・ロク・シチ・ハチ
 
 
例えば上のような拍子の曲であれば、
「ハチ」の拍子がキメポーズになるケースが一般的です。
 
 
まずはその拍子でのキメポーズをとらえます。
 
そうは言っても全員が綺麗にそろってなかったりしますが・・・(涙)
 
 
意図的に動きを表現する場合を除いては、
基本的に確実に動きを止めてキメの瞬間を撮影します。
 
 
大人数で一斉に踊るシーンなどでは、
本番で全景だけを撮るだけでは発表会写真になってしまうので、
フィニッシュや曲の途中で全員が綺麗なキメポーズを取る
見せ場の瞬間をメインに撮影し、それ以外のシーンでは
望遠で数人ずつのパートごとに撮るのも手ですね。

念のために本番同様に行われるゲネプロで、
ステージ上や舞台袖から、後列側や上手側・下手側の
両サイドさど、正面からでは撮りにくいダンサーを
事前に撮影しておければ完璧です。
 
目立ちにくいポジションのダンサーも確実に撮っておく・・・。
 
思いやりですね。
 
 
 
メインのダンサーやソロでの踊りをとらえる場合は、
確実に動きを止め、指先・足先まで収めるのが基本です。
 
 
特にそのダンサーの特徴や得意な技・ポーズがある場合は、
それを逃してはNGです。
 
それを事前に知っておくのが前提ですが・・・。
 
レッスンの見学に行くなりリハーサルでチェックするなり、
事前にチェックしておくことが大切です。
 
 
顔馴染みになれば、前もって演目の主題や見どころを
教えてもらえますし、リハーサルやゲネプロでそれを
テスト撮影しながら確認できます。
 
 
大きな公演などでは、
舞台監督や照明さんとの事前確認も大切になります。
 
 
キメポーズの瞬間に照明が同期して変わる!
そんな瞬間があることをを知らずに取り損なったら、
ゴメンナサイでは済みませんからね。
 
 
やはりダンス写真やバレエ写真の撮影においても、
事前準備やリハーサル・ゲネプロでのチェックが大切です。
 
ステージ撮影・ライブ撮影では、リハーサル・ゲネプロが勝負!?
 
 
 
あと注意が必要なポイントとしては、
衣装を美しく見せるために露出には細心の神経を!
ということでしょうか。
 
 
 
例えばバレエの白い衣装が露出オーバー気味で
真っ白くノッペリと飛んでしまったり、
赤い衣装が色飽和でベッタリ質感がなくなってしまったり・・・。
 
 
動きを追うことに気を取られすぎて気が回らない場合に、
ありがちなミスです。
 
 
その辺りのチェックもリハーサルやゲネプロで忘れずに!
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 
 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ