[ミラーレス]と[ミラーレス一眼]ファインダーは使わない?


 
「ファインダーって、古いカメラに付いているのぞき窓?」
 
「お父さんのカメラには付いているけど…」
 
「えっ? ファインダーってなに??」
 
最近はこんな反応が返ってくることが増えました。(笑)
[ミラーレス][ミラーレス一眼]だと言う以前の話ですね。
 
 
写真を撮ると言ったら、携帯かスマホで撮るのが当たり前。
ちょっと写真が好きな彼や彼女が持っているコンパクトカメラ
(コンデジ)にもほとんど【ファンダー】は付いていません。
 
写真を撮る時は、スマホやカメラの液晶画面を見ながら
撮るのが当たり前になりました。
 
 
[デジタル一眼レフ]は構造上【ファインダー】が必須でした。
最近では[ライブビュー]と言って、デジタル一眼レフでも
【ファインダー】でなく背面の液晶画面を見ながらの
撮影スタイルも普通になりました。
 
一言で[ミラーレス]と呼ばれるカメラにも、
厳密には[ミラーレス][ミラーレス一眼]があります。
 
この“一眼”があるか無いかの違いは簡単に言うと
【ファインダー】の[ある][なし]と言っていいでしょう。
 
[ミラーレス]カメラは、スマホのように
【背面液晶画面】を見ながら撮影します。
 
 
[ミラーレス一眼]カメラは
【ファインダー】と【背面液晶画面】の両方を使い分けできます。
 
[ミラーレス]カメラと同じように【背面液晶画面】を見て
撮ることも、[デジタル一眼レフ]のように、
【ファインダー】を覗いて撮ることもできるわけです。
 
 
 
【ファインダー】を使って撮るメリットは主に下記です。
 

  • 構図など撮影対象に集中できる
  • 額をカメラに付けるためブレの防止になる
  • 明るい日差しの中でも見やすい
  •  
     
     
    特に私のように
    [ライブステージ]や[コンサート]の撮影を主に行う場合は、
    【ファインダー】は必須
    です。
     
    ライブハウスやホールの暗い客席の中で、
    観客の目障りになる液晶画面の光を点けているなんて
    あり得ませんからね。
     
    たまに無神経にも液晶画面を点けっぱなしのカメラマンに
    遭遇しますが、プロの現場ではそんなカメラマンは
    次の現場では声が掛からないので2度と会いません。(笑)
     
     
     
    普段気軽に持って歩いてスナップ撮影したり、
    日常風景の撮影では【ファインダー】の必要性を
    感じないかもしれません。
     
    まして【ファインダー】を使って
    “自撮り”はできませんからね~(笑)
     
     
    でも写真撮影に少し真剣に取り組むのであれば、
    ぜひ【ファインダー】を使って撮影してみてください。
     
    コンデジの[背面液晶画面]を見ての撮影や、
    スマホでしか写真を撮ったことがないのであれば、
    真剣に【ファインダー】から被写体を見ると、
    きっと新たな、新鮮な感覚や発見があると思います。
     
     
     
    「化粧が崩れる!?」
     
    「付けまつ毛がとれる!?」
     
     
     
    「う~ん・・・困りましたね~」
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い
     
     
    芦澤来斗


    ニコン(NIKON)がプレミアムコンパクトカメラDLシリーズの発売を中止!!

    DSCF1766_w
     
    ニコン(NIKON)派が待ち望んでいたカメラ「DL」3機種が、
    とうとう発売されないことがアナウンスされましたね。
     
    プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ
     
    何度か発売延期されてきましたが、
    発売中止とは!
     
    楽しみにしていたニコンファンの方も
    多かったのではないでしょうか。
     
     
    さらにこんなニュースも聞こえてきました。
     
    「ニコン、最終赤字90億円に拡大 17年3月期」
     
    かなり厳しい状況のようですね。
     
     
    私は個人的にはたまたまNIKONのカメラに
    あまり縁がなかったのですが
    (全くなかったわけではありませんが)、
    IT企業に勤務していた時代は、
    実はとてもお世話になっていました。
     
    スーツを着て!!、丸の内の本社や大井町の工場に
    度々行っていました。
    「F4」を作っていた水戸の工場にも行きました。
     
     
    ですので、ニコンという会社の売上の半分以上は、
    半導体製造機械(ステッパー等)であることは知ってました。
     
    日本の半導体製造業界が厳しい状況であることは、
    何年も言われ続けてきているので、
    ニコンが厳しい状態とは聞いていたのですが・・・。
     
     
     
    プレミアムとかハイエンドと呼ばれる、
    いわゆる高級コンパクトデジタルカメラのジャンルににおいて、
    ニコンには該当機種がないため、
    ニコンファンが発売を待っていた?DLシリーズでしたが、
    日の目を見ずに終焉が決まってしまいました。
     
     
    そもそもスマートフォンに食われて、
    目に見えて縮小しているコンデジ業界ですが、
    それでも各社(まだ体力のある企業)が、
    高級路線で頑張っている中で、
    ニコンはそこに参入することを断念するのでしょうか。
     
    寂しいですね。
     
     
    キャノン(CANON)は、ためらいながら?も、
    ようやくミラーレスカメラに力が入りつつありますが、
    ニコンはその分野でも今一つ冴えないように感じます。
     
     
    デジタル一眼レフがハッキリとミラーレス一眼に
    置き換わってゆこうとしているトレンドの中で、
    ニコンの今後の動きが気になりますね。
     
    プロの要求に応えられる本格的なミラーレス一眼と
    レンズを含むシステムを
    勇気をもってリリースして欲しいものです。
     
    たとえ
    デジタル一眼レフの売上を食うことになったとしても・・・。
     
     
    各社ともに限られた経営資源をどこに集中して投下するのか、
    本当に難しい状況であろうと思います。
     
     
    それを承知の上で、
    我々の期待に応える(超える)カメラを期待したいですね。
     
     
    大きなブレークスルが起こり、
    デジタル一眼レフでもミラーレス一眼でもない
    カメラが出現するかもしれませんね。
     
    それに私自身がついていけるのか、
    少しばかり心配ですが・・・。
     
     
    デジタル一眼レフかミラーレス一眼か・・・それが問題だ!?
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    悩めるコンパクトカメラ(コンデジ)選び

    dscf1494_w
     
     
    ライブ撮影に向けては、
    ファインダー付の「デジタル一眼レフ」や「ミラーレス一眼」が
    必要だとお話ししました。
     
    ライブ撮影ではファインダー(OVFでもEVFでも)は必須!
     
    カメラを新しく手に入れたり使い慣れるまでは、
    なるべく絶えず持ち歩いて、
    日常生活の中で目に入ったり気になったものを
    ドンドン撮りながら、カメラが身体の一部になるくらいまで
    使い倒す必要があります。
     
     
    楽器でもよく言われますよね?
     
    「上達のためには毎日5分でもいいから触ること!」
     
    それと同じことです。
     
     
     
    それとは別に、本当に日常生活の延長線上として、
    いつでもどこでも一緒に居れる相棒的なコンパクトカメラが
    あるのは楽しいものです。
     
    「スマホでいいんじゃない?」
     
    確かにそれもいいんですよ。
    スマホでも人に訴えかける写真は撮れます。
     
    でも、ライブステージの撮影を目指すのであれば、
    カメラ目線での物の見方・感じ方を養う意味でも、
    絞りやシャッタースピードなどの基本を身に付けるためにも、
    できればカメラを持ち歩いてほしいですね。
     
     
    その意味では、一口にコンパクトなデジカメといっても、
    フルオートでしか撮れないカメラや、
    各種設定がやり難い機種は避けた方がいいでしょう。
     
    言ってみればマニュアル操作がやり易いカメラが望ましいですね。
     
    これが意外と少ないんですよ。
    絞りやシャッタースピードの変更、感度設定がやり易い
    コンパクトカメラ。
     
     
    かく言う私も、
    これまでに結構とっかえひっかえしてきました(笑)
     
    Ricoh GR Digitalなんかを筆頭に・・・。
     
     
    機能を求めるとコンパクトさが失われたり、
    サイズを重視すると操作性が損なわれたり・・・。
    やっぱりファインダーが欲しかったり・・・。
    難しいところです。
     
    この辺りはそれぞれ人によっての好みの問題もあるので、
    一概に「これがベスト」とは言いにくいですね。
     
     
    普段使いで使い倒すことを考えると、
    少々の傷など気にしないで持ち歩けるように、
    型落ちの中古も一考の価値があります。
     
     
     
    でも持ち歩くことを考えた場合、
    案外一番大事なポイントは、
     
    「デザインが気に入っている!」
     
    だったりします。
     
     
    「機能優先でデザインなんて気にならない!」
     
    というストイックな人もたまには居るかもしれませんが、
    やっぱりイマイチ気に入らないデザインの物は、
    どうしてもいつも持ち歩きたくはなくなりますよね?
     
    気に入ったデザインのコンパクトカメラに、
    お気に入りのストラップを付けて・・・。
    愛着がどんどん湧きますよね!
     
     
    気に入ったカメラがあれば、
    持ち歩く機会も増えて、撮影回数も増えて、
    色々な局面での対応力も養えて、
    経験値がストックされていきます。
     
    絞りやシャッタースピード、感度なども色々変えてみて、
    違いを知ることもできるでしょう。
     
     
    写真上達の第一歩は「撮影枚数」に比例しますからね。
     
     
    気に入ったコンデジが見つかるといいですね。
     
     
     
    もちろん、
    ライブ撮影で使うメインのカメラを
    気合!!で常時持ち歩いてもいいんですよ(笑)
     
     
    最新情報やブログには書けない話はこちらで!
     
     
    芦澤来斗


    Profile
    人気記事
    カテゴリー

    ページの先頭へ