「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い


R-169_500

 

「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」

 

どちらも『一眼』と付いているので紛らわしいですが、
両者は根本的に構造が違います。

 

ポイントは『レフ』の有りor無し。

 

 

厳密に言うと、
「デジタル一眼(レフなし)」というカメラはありませんし、
「ミラーレス一眼レフ(レフ付)」というカメラもありません。

 

※SONYの一部機種のような「トランスルーセントミラー」の
機種はここでは除外します

 

 

そもそも、「ミラーレス」というのは、
「一眼レフ」の「レフ(鏡)」が無い事を意味します。

 

レフ板のレフも同じ意味ですが、
簡単に言えば「レフレックス(鏡の反射)」のことです。

 

 

「デジタル一眼レフ」のカメラには、
レンズと撮像素子(またはフィルム)の間に鏡(レフ)があります。

 

通常はレンズから入った像をこの鏡で反射させて
ファインダー(OVF)に導きます。(ペンタプリズム経由)

 

シャッターを切るとこの鏡が開き、
像が撮像素子(またはフィルム)に届きます。

 

その間ファインダーはブラックアウトとなります。

 

高速連写などをした場合には、
シャッターの開閉に合わせてこのミラーも高速で開閉します。

 

 

 

対して、ミラーレス一眼には、
レンズと撮像素子の間に鏡(レフ)がありません。
 
レンズから入った像は撮像素子に写ったままです。

 

その像を電子的に取り出しファインダー(EVF)に映しています。

 

シャッターを切った時もファインダーは見えたままです。

 

 

上記のOVFとEVFとは以下の通りです。

 

OVF : Optical View Finder (光学ファインダー)

 

レンズやプリズムを通した像を見ます

 

 

EVF : Electronic View Finder (電子ファインダー)

 

小型の液晶に映った像を見ます。

 

構造的に興味のある人は、
様々なサイトで図解されていますので、
それらを参照してください。

 

 

 

では「OVF」と「EVF」はどう違うのか?

 

『OVF』

 

・光学式なので像が鮮明

・電源が入っていなくても見える

・暗い場所では見えにくい

・撮影結果(露出やホワイトバランスなど)が反映されない

・構造上、撮影の瞬間にブラックアウトする

・ミラーの開閉による振動や音がする

 

 

『EVF』

 

・撮影結果が事前に確認できる

・暗い場所でも感度を上げて見ることが可能

・撮影の瞬間のブラックアウトが起こらない

・ミラーショックやミラーの開閉音が無い

・光学式に比べて画像が不自然

・電子的な処理が入るのでタイムラグが発生する

・特に暗いシーンでは遅くなる

・電源が入っていなければ見えない

 

 

 

ファインダー内の像の鮮明さ意外には
OVFよりEVFの方が優位と言えます。

 

EVFの見え方がOVFと同等になれば、
ミラーの存在を含めてOVFである必要は無くなると言えます。

 

 

 

そもそもフィルムが撮像素子に入れ替わった時点で、
ミラー(レフ)の役目は終わったとも言えるわけで、
これまでの歴史的な流れから、フィルム版の一眼レフの構造を
継承してきた必然性は無くなっています。

 

 

ただ一眼レフのシルエットは、永らく時間を掛けて
磨かれてきた必然性もあるのも事実ですが・・・。

 

 

私もEVFの不自然な見え方にはどうしても馴染めず、
デジタル一眼レフから離れられませんでしたが、
そろそろファインダー像の多少の不自然さを我慢しても
使ってみたいメリットのあるミラーレス一眼が現れつつあります。

 

 

生まれた時から、
液晶画面を見てライブビューで写真を撮るのが当たり前で、
ファインダーという物を知らずに育つ世代が主流となった時には、
EVFも過去の嗜好的なオプションになる可能性も
あるかもしれませんね。

 

 

それでもEVF(あるいは違う技術)の「ファインダー」という
機能は残ると思っていますが・・・。

 

 

少なくと私が写真を撮っている間は。

 

 
「デジタル一眼レフ」の終焉?!
 
デジタル一眼レフかミラーレス一眼か・・・それが問題だ!?
 
ソニーα9(アルファ9)発表でデジタル一眼レフの牙城が危ない!
 
 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 

 
芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ