「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」


_MG_4189_500

 

最近「デジタル一眼レフカメラ」の出荷台数が減り続け、
代わりに「ミラーレスカメラ」が伸びてきているとの
報道を多く見かけます。

 

まだまだ旧来の「一眼レフ神話」は根強いものがありますが、
トレンドとしては完全にミラーレス化に向かっていますね。

 

 

若い方々は知らないでしょうけど、
昔こんなCMコピーが流行りました。

 

「いつかはクラウン」(古っ!)

 

最初は「カローラ」を購入した人達が、
年齢と収入が上がってゆき、
いつかは「クラウン」に乗りたい・・・と憧れる、
そんな時代を表現したコピーでした。

 

 

今はどうでしょう?

 

当時クラウンに憧れていた世代はすでに
「四葉のクローバーマーク」を貼る年齢になりつつあり、
いくらトヨタが「ピンクのクラウン」や草色・空色を
アピールしても、

 

「クラウン = オジサン車 ≠ ダサイ」

 

というイメージはなかなか払拭できません。

 

 

「大きいことはいいことだ!」ではありませんが、
「重厚長大」という言葉も昭和とバブルと共に
過去の遺物となりました。

 

「大きい」=「高級」=「高価」=「ステータス」

 

この構図は様々な分野で崩れています。

 

 

 

カメラの世界にも
同じ現象が起こって当然と言えば当然です。

 

「いつかはデジタル一眼レフのフラッグシップ機!」

 

憧れる気持ちはよく分かります。

 

私も駆け出し当初はそうでしたし、
実際使ってましたから・・・(笑)

 

昔気質のおじ様カメラマンは口悪く、
「ミラーレスやコンデジなんて女子供の道具だ!」
なんて言っていたりします。いまだに・・・。

 

 

私はそこまで古くはないつもりですが、
撮影にあたって私にとって一番重要な
「ファインダー」の気持ち良さの点で、
つい最近まではデジタル一眼を手放せませんでした。

 

 

私が行っているステージや舞台の撮影では、
背面液晶画面などオンに出来ません。

 

そんなもの煌々と光らせていたら即クレームが来ます。

 

 

今でも「OVF(光学ファインダー)」の方が
「EVF(電子ファインダー)」より気持ち良いのは
変わりません。

 

特に暗い撮影現場ではそれが顕著です。

 

ただ最近ではEVF機でも仕事で使えるように
なってきました。

 

 

連写速度やAF(オートフォーカス)の速さについても、
並ぶか上回るものも出てきています。
(連写も私の仕事ではほぼ使いませんが・・・。)

 

残るは耐久性・信頼性・実績でしょうか。

 

 

多分、次の東京オリンピックの頃には
競技場に並ぶ報道カメラのかなりの割合が
ミラーレスになっているでしょう。

 

 

ミラーレス一眼の利点

 

  • ボディー、レンズを含めたシステム全体のスリム化
  • ミラーショックからの解放
  • シャッター音の消音及びミラー動作音がない
  • ファインダーでの仕上がりの事前確認
  • 同等の画質を得るためのコストパフォーマンス

 

このあたりですね。

 

 

まだまだ改善を望む部分は少なくありませんが、
選択肢として考えられるところまで来た感はあります。

 

 

EVFの性能も含めて著しい速さで進化してきていますので、

この話題の続きは、準備中のメルマガでも配信します。

 

 

「関連記事」

 

「フルサイズ」か「APS-C」か!? 「フルサイズ」神話

 

デジタル一眼レフ フラッグシップ機への憧れ

 

「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」

 

「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い

 

 

 
最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 

芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ