「フルサイズ」か「APS-C」か!? 「フルサイズ」神話


_MG_0029_500
「やっぱりフルサイズがいい!」

 

「もうフルサイズは必要ない!」

 

「APS-Cが最強!」

 

「フォーサーズ、マイクロフォーサーズで十分」

 

 

などなど・・・。

デジタル一眼に関しては、
その撮像素子(センサー)の大きさがしばしば話題になります。

 

どれも一理あって、はっきり言えば

 

「目的によって違う」

 

としか言いようがありません。

 

 

元々のフィルムが35mm(135フィルム)で、
長年そのサイズが広く流通してきたために、
ある種の「デファクトスタンダード」であった名残とも言えます。

 

実際には「6×6」、「4×5」、「8×10」など、
フィルム時代にもブローニーフィルムをはじめ様々な
フォーマットがありましたが、
一般的に広く普及したのが35mmフィルムであっただけです。

 

これについては、かの「Leitz社のLeica」の貢献が大ですね。
その辺はいくらでも詳しいサイトがあるのでここでは触れません。

 

 

ですので、慣習的に一眼レフ用の交換レンズの焦点距離も
35mmでの使用を前提に表記されてきたのです。

 

 

で、この35mmのフィルムと同じサイズの撮像素子のことを
「フルサイズ」と呼ぶわけです。

 

デジカメの黎明期は、まだ半導体素子の製造技術とコストが
追いつかず、「フルサイズ」の撮像素子を持ったデジタル一眼は
一般には出回りませんでした。

 

その代わりに先行して普及したのが「APS-C」規格の撮像素子を
載せたデジタル一眼でした。

 

 

撮像素子のサイズが「フルサイズ」より小さいため、
35mm用のレンズの焦点表記が実際と異なることになります。

 

一概に「APS-C」と言っても、
メーカーによって撮像素子のサイズが微妙に違いますが、
おおよそ1.5倍から1.6倍換算になります。

 

例)

 

35mm換算  35mmレンズ -> APS-C換算 52.5mm~56mm

 

35mm換算  50mmレンズ -> APS-C換算 75mm~80mm

 

35mm換算 200mmレンズ -> APS-C換算 300mm~320mm

 

 

 

これを見て何か気付きましたか?

 

そう、全体に焦点距離が長いほうにシフトするのです!

 

 

ということは、望遠レンズでの撮影に関しては、
「フルサイズ」より「APS-C」の方が有利ということです。

 

「200mm」のレンズが「300mm強」のレンズとして使えます。

 

 

 

逆に広角は不利になりますよね?

 

35mm換算 17mmレンズ -> APS-C換算 25.5mm~27.2mm

 

ですので、私のようにステージ写真や舞台写真を撮るには、
「APS-C」サイズは利点となるのです。

 

「スポーツ写真」や「動物写真」などでも有利ですよね。

 

逆に「建築写真」など広角が必須な撮影では、

「APS-C」は不利になります。

 

 

このように「フルサイズ」と「APS-C」には、
それぞれメリットとデメリット・・・というより
別々の利点があるのです。

 

 

ちまたには「フルサイズ神話」のように、

 

「フルサイズの方が綺麗」とか、

 

「フルサイズの方が高感度に強い」

 

「フルサイズが最強!」

 

「フルサイズが高級!」

 

などとの声がありますが、まあほとんど「神話」です(笑)

 

もちろん、センサーのサイズが大きい方が「高感度」に強いのは
事実でしたが、現在では一概にそうとも言えなくなっています。

 

 

 

上記の「高感度」以外にも「ボケ」など、

細かいことを言えば違いは色々あるのですが、

それはまた別にお伝えします。

 

 

実際の撮影現場においてはセンサーのサイズは、

 

「良い」or「悪い」

 

ではなく、
目的によって選択するのが正しい姿勢だと思います。

 

 

「関連記事」

 

デジタル一眼レフ フラッグシップ機への憧れ

 

「ミラーレスカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」

 

「ミラーレスカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」

 

「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い

 

 

 

最新情報やブログには書けない話はこちらで!
 

 

芦澤来斗


Profile
人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ